カテゴリー別アーカイブ: 大和主義!!リポート

No.221 中村一夫の政治活動・議員活動(前号から続く)

〇まちづくり(続き)

・新図書館に武雄市図書館を参考に。武雄市図書館(佐賀県・武雄市)はスタバが入っていて、コーヒの薫りが漂う中、リラックスして読書が楽しめると大人気である。
(答弁)良い部分は積極的に取り入れていく(平成25年12月定例会)。
→スタバが入って、コーヒーなどを飲みながら、寛いで読書を楽しめる空間となった(実現! !)。
・ 市内代官地域は、高齢化も進み、山坂も多く高齢者には大変である。代官地域にコミバスの停留所を。
(答弁)今後の実現に向けて安全な運行や市民の利便性を検討していく(平成25年12月定例会)。
→コミバスのルート変更と、代官2丁目公園に停留所を新設! ! 実現! !
・ 大和駅みずき通りをターミナルとして活用。
(答弁)みずき通りに観光バスの発着所などを設け、新たな人の流れをつくるなどを期待できると考えている。
→実現! !
・ シリウスにつきみの遺跡の資料室を。
(答弁)展示の内容を精査していく(平成28年3月定例会)
→シリウスで、つきみの遺跡出土の我が国最古期土器片を常設展示へ(実現! !)。
・ 市役所本庁舎等へのWi-Fiの設置。
(答弁)市役所本庁舎、文化創造拠点、保健福祉センター、各学習センターロビーにWi-Fiを設置していく(平成28年3月定例会)。
→実現! !
・ 大和駅南口ロータリー付近の交通安全について。
(答弁)全体的なレイアウトの変更を含めた歩行者安全対策について検討していく(平成30年9月)。
・ 歩道の傾斜や段差の解消と歩行者の安全について。
(答弁)利用者の方々が安全かつ安心に歩道通行できるように努めていく(令和元年9月)。

〇厚木基地について

・ 厚木基地への(次期固定翼哨戒機)P-1の配備について市の考えをうかがう。
(答弁)P-1の厚木基地への配備については、やむおえないものと考えている(平成25年3月定例会)。
→厚木基地へのP-1配備について、市の見解を正式に引き出しました。
・ 自衛隊の派遣隊員の家族支援のために本市との協定締結を提案。
(答弁)可能な限り早期の実現をする(平成28年6月定例会)。
→本市と海上自衛隊第4航空群との間で協定を締結。実現!!
・ 厚木基地との災害時協定の締結について。
→協定締結も含め検討していく(令和元年9月)
・ 議会基地対策特別委員会を連続して4 年務め、その間に市民念願の空母艦載機の岩国基地への移駐を実現! !

〇公共工事について

・ 透明な入札を行うために、設計価格の公表と、神奈川県方式の採用を提案する。現在の入札制度は不正の温床になる
(答弁)慎重に考えていく。(平成23年 9月定例会)
→そうこうしているうちに、入札関係の職員が汚職で逮捕。
・ 9月定例会で、不正の温床になりかねないと警鐘を鳴らしたのに、残念な結果になってしまった。
(答弁)今後、このようなことが起こらないように全力で取り組んでいく。入札についても改善を進めていく(平成23年 12月定例会)。
・ 入札の競争性、透明性を確保し、公平な積算ができるように改めていく。
(平成24年3月定例会)
→ついに、入札制度が改善されました! !
・ 災害時に頼りになるのが地元建設業者である。本市と災害時協定を締結している地元事業者育成のためにもインセンティブ発注を実現して欲しい。
(答弁)実現に向けて前向きに検討していきたい(平成26年12月定例会)。
→実現! !
・ 公共工事の平準化(年度末に工事が集中しないように)「ゼロ市債」の導入を求める。
(答弁)十分検討していく(平成31年3月)。
→実現! !

〇議会改革について

・ 大和市議会基本条例を制定。
・ 議会改革実行委員会委員長として、議会改革を推進。
(中央大学との包括協定の締結、陳情者による委員会での意見表明の実現、傍聴席に車椅子等スペースを確保、議会との意見交換会の実現など)

〇環境について。

ゆとりの森を「花の公園」に。
(答弁)今後は、ソメイヨシノだけでなく、ヤマザクラ、八重桜、しだれ桜なども植栽し、引地川・千本桜と一体となった「花の公園」にしていく(平成25年6月定例会)。
・ ゆとりの森周辺の交通安全対策について。
(答弁)仮駐車場の増設、住宅地への侵入防止を呼びかける看板の設置など、周辺道路の渋滞解消を図っていく(平成25年6月定例会)。

〇その他

・ 公共共同墓地の設置について。
(答弁)引き続き、調査研究していく(平成24年6月定例会)。
→少子化などの理由により、墓地を維持していくことが困難な市民からの要望です。引き続き取り組んでいます。
・ コミュニティバス路線の充実を。
(答弁)今後調査を踏まえ、運行ルートの見直しを含めた利便性の向上や利用促進などについて検討を進めていく(平成25年9月定例会)。
→継続的にコミュニティバス路線の充実・拡大を行われている。
・ つくば市の防犯対策「ジョギング・パトロール」を提案。
(答弁)防犯活動の新たなメニューとして導入を検討していく(平成28年9月定例会)。
→安全安心サポーター制度として実現! !
・ 自粛を求められているコミュニティセンターなどでの「餅つき」を再開できないか。
(答弁)各管理運営団体の判断を尊重していく(平成30年12月)
→事実上、餅つきの復活! !
・ ゆとりの森では早朝からラジオ体操をしている方々がいる。そういった方のために公園にラジオを置けないか。
→実現! !
・ ゆとりの森で早朝からラジオ体操やジョギングなどをしている方々のために、公園のトイレを朝から使用できるようにして欲しい。
(答弁)調査研究していく(平成31年3月)。
・ 危険な「歩きスマホ」の対策として、禁止条例の制定等を求める。
(答弁)条例の制定も含めて検討していく(令和元年9月)
→条例制定。実現! !

中村一夫の政策提案の多くが実現しています。今後とも、市民のために必要な制度を提案し、実現させていきます! !

「政策力と実行力」で今年も頑張ります! !

No.220 令和2年12月定例会での「一般質問」

令和2年12 月定例会での私の「一般質問」からの抜粋です。詳細は、市議会のホームページから「動画」が配信されておりますのでご覧下さい(スマートホンからも見れます「大和市議会」と検索下さい。)。

一. 行政組織について。
(中村)組織再編の考え方についてうかがう?

(市長)これまでも、効率的で機能的な行政組織を目指してきた。今後も行政サービスの向上や人員の有効活用などを念頭におきながら、組織の見直しや統廃合について検討するとともに、その時々の社会の変化に迅速に対応するために、施策を推進する分野には新たな組織を創設するなど、常にスピード感を持ってフレキシブルに組織再編を進めていく。

(中村)今後どのような体制でデジタル化を推進していくのか?

(市長)スピード感を保ちつつ、丁寧に進めていくことが肝要と考えている。このため、国のデジタル庁のように、本市にもデジタル化、ひいては役所全体でのデジタルトランスフォーメーションを推進していく組織を設けることが必要であると考えており、専門性を持った人材を登用することと併せて検討していく。

二. 学校に関して。
(中村)一人一台のコンピューター端末整備状況についてうかがう?

(教育部長)10月より中学校から順番に開始し、11月末時点で、中学校9校(全校)、小学校3校(19校のうち)で終了しており、来年(令和3年)の3月末までには全ての小中学校で完了する予定となっている。

(中村)授業での活用や、児童生徒の反応についてうかがう?

(教育部長)導入したアプリケーションを使用して、教員から教材を配布したり、児童生徒からは解答を提出するなど、授業での端末活用が始まっている。児童生徒は端末の操作方法を覚え、真剣なまなざしで画面に向かい、課題について考えをまとめたり、他者の考えを興味深く読むなど、端末のよさを感じながら意欲的に学習している様子がうかがえた。

(中村)あって欲しくないことだが、万一再び休校になった場合の端末の活用についてうかがう?

(教育部長)端末の家庭への持ち帰りによって、オンラインでの学習が可能となり、学校休校の際には、子どもたちの学びを保障する有効な手段の一つになると考えている。また、Wi-Fi環境のない家庭への通信機器の貸し出しについても、来年度からの実施に向けて検討している。

三.「健康都市やまと」に関して。
(中村)本市は健康経営優良法人の認定を受けた事業所に「奨励金」を出して奨励している。本市自ら厚生労働省の健康経営優良法人の認定を目指すことを提案する。これは、地方公共団体も取得することができる。県内では小田原市が認定されている。

〇自由民主党からの「意見書」について

地方自治法第99条は、「当該地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる」としています。12 月定例会では次の二つの「意見書」案を自由民主党から提出し採択されました。

1.「安全保障上重要な土地の外国資本による売買に関して、政府が指定した区域においては土地購入者の国籍等を事前に届け出ることを義務づける法整備において、厚木基地周辺の土地をその対象とすることを求める意見書」

2.「病児保育事業への一層の支援を求める意見書」
上記意見書においては、具体的に次の3点を要望しました。
(1) 国及び神奈川県からの財政的支援を拡充すること。
(2) 病児保育室に対して医師を確保できるよう支援すること。
(3) 広域自治体としての神奈川県が広域連携・自治体間連携を積極的に推進していくこと。

〇大和市渋谷荘議員連盟について

本市の南部地域は、平安時代末から鎌倉時代の始めにかけて、平氏の一族、渋谷重国(しぶやしげくに)が治める「渋谷荘(しぶやのしょう)の一部であったといわれています。渋谷氏の一族は、その後全国に広がり、その末裔の一人としては、東郷平八郎元帥が有名です。本市ゆかりの渋谷氏に関わる歴史を後世に伝えていくことを目的として、本市南部地域の議員有志による「大和市渋谷荘議員連盟」を設立しました。今後、全国の渋谷氏ゆかりの自治体とも交流しながら、シティーセールスにつなげていきたいと考えています。

No.219 令和2年の「議会報告」

令和2年の私の議会活動の一部をご報告します。今年は、新型コロナウィルス感染症の影響で、議会運営も例年とはかなり異なるものとなりました。第1回定例会では、感染症の予防のため、「一般質問」が中止となりました。6月定例会では、各会派に30分の時間が割り振られて、その時間内での「一般質問」となりました。9月定例会、12月定例会は通常どおり「一般質問」が行われました。会議の詳細については、市議会ホームページから「動画」、「会議録」が公開されていますのでご参照下さい。

〇 令和2年3月定例会

令和2年3月定例会では、「一般質問」が中止となりました。私が所属する文教市民経済常任委員会での質疑の一部をご報告します。

(中村)消費生活相談事業に関して、債権法が120年振りに改正されるが、それに伴う対応についてうかがう。

(市民相談課長)契約、時効の基本ルールが変わる。消費者保護の条文は民法改正の中では特になかったが、民法で契約の取消しができない部分を取消しが特別にできる消費者契約法などの法整備がされている。マルチ商法に対応する特別商取引法、割賦販売法もある。消費者関係の特別法の役割を今後も十分対応していきたい。消費生活センターの相談員の資質向上にかかっているので、国の研修、消費者庁の告知文も勉強しながら研鑽に励んでいく。

(中村)市の消費生活相談に相談して助かった市民は大勢いる。この場を借りて改めて感謝するとともに、法改正にも引き続きしっかり対応を願いたい。

〇 令和2年6月定例会

★ 一般質問
(中村)新型コロナウイルスの影響で経済的に厳しいご家庭が増えていると聞く。現在、またこれからでも利用できる就学援助や各種支援の取り組みや制度としてはどのようなものがあるか。どのように周知を図っているか。

(教育部長)就学援助費の受給申請については、申込期日を1ヶ月延長して5月末とした。また。家計が急変したご家庭を考慮して、6月以降も随時受け付けていく。再周知を図るために、6月下旬にチラシ等の配布を行う。

★ 「大和市歩きスマホの防止に関する条例」が成立。
昨年9月定例会の「一般質問」で、歩きスマホを規制する条例の制定を求めましたが、今定例会で当該条例案の提案があり、賛成多数で可決されました。

〇 令和2年9月定例会

★ 一般質問
(中村)病児保育室の安定的な運営のため予算の見直しの必要があると思うがいかが。

(こども部長)全国的な課題として国が定める補助の内容を見直していただくことが必要であり、県を通じて要望を伝えていきたい。
※ 12月定例会に、自由民主党から「病児保育事業への一層の支援を求める意見書」を地方自治法99条の規定に基づく「意見書」として提案しています。

〇 令和2年12月定例会

★ 一般質問
(中村)大和市のデジタル化の推進についてうかがう。

(市長)大和市にも国のデジダル庁のような組織を設けることが必要であると考えている。

★ 「大和市路上喫煙の防止に関する条例の一部を改正する条例」について。
昨年12月定例会で自民党から提案した、路上喫煙における「受動喫煙」に対策するための条例改正について、今定例会で「受動喫煙」について明記した条例案が提案されました。