No.131 平成29年度予算案より。

平成29年度予算案より。

今定例会には、平成29年度の当初予算(とその事業)案が上程されています。
その幾つかを以下にご紹介します。

●地域防犯活動推進事業  19,378千円

市民一人ひとりの自主防犯意識の高揚を図るための事業です。
来年度から、従来の事業に加えて、ジョギングなど野外活動を通じた防犯活動を推進する「(仮称)健康防犯パトロール」を開始します。
この事業は、昨年9月定例会での私の提案が実現したものです! !
これからも積極的に政策を提案し、その実現を目指してまいります。

※平成28年9月第3回定例会 中村一夫「一般質問」より。
(質問)
つくば市で行われているジョギングパトロールを本市でも導入することを提案する。
(答弁・市長)
つくば市で行われているジョギングパトロール、通称「ジョグパト」は、防犯活動において重要な一人ひとりの防犯意識を高めることを目的としており、昨今の健康志向の高まりを考えると、大変興味深い取り組みと考えている。
これまで団体を中心に行ってきた本市の防犯活動に広がりをもたらすものと考えており、防犯活動の新たなメニューとして導入を検討していく。

●歩く健康づくり事業(新規事業) 5,798千円

歩くことによる健康づくりにより、市民の健康増進及び医療・介護予防の推進を図ります。
具体的には、歩くことの効用について、冊子の作成配布、講演会の開催といった啓発事業、市民の好奇心に訴えるゲーム性のあるウォーキングイベントを開催します。

●子育て世代包括支援センター事業(新規事業) 8,619千円

妊娠期から子育て期にわたるまで切れ目のない相談支援を実施し、安心して子育てが出来る環境をつくります。
具体的には、市民からの相談や、各相談機関から専門的な相談に対応するワンストップ拠点「子育て世代包括支援センター」窓口を設置します。

●子育て支援施設管理運営事業(新規事業)  20,831千円

幼稚園児などを対象とした送迎ステーション、預ける理由を問わない託児施設及び気軽に立ち寄れる子育て支援施設を整備して、子育てを支援する環境を整えます。
具体的には、平成30年4月にオープンする東急中央林間ビル3階に「子育て支援施設」を新設します。

●民間保育所建設・増設支援事業  231,565千円

民間認可保育所などを支援し、保育所入所待機児童の解消を図ります。
具体的には、認可保育所(新園1園を予定)、小規模保育施設(新園を3園予定)の整備に対して補助します。

●保育事業(市立保育所)  97,470千円

市立保育所において適切な保育体制を維持し、安心して子どもを預けることができる環境を整えます。
保育所待機児童ゼロの継続を目指すとともに、入所保留児童、入所申込者の増加に対応するため、平成29年4月から各園に10人定員を増加します。

●老人福祉施設建設等支援事業  36,602千円

老人福祉施設の建設費などを補助します。
具体的には、特別養護老人ホーム(平成29・30年度事業)など2箇所を予定、スプリンクラー等整備補助5箇所を予定しています。

●起業家支援事業(新規事業)  3,929千円

起業を促進することにより、市内産業の活性化を図ります。
具体的には、(仮称)市民交流センターの「起業家支援スペース」開設のため、備品などを整備します。

※平成26年12月第4回定例会 中村一夫の「一般質問」より。
(質問)
起業家支援を積極的に行う考えについてうかがう?
(答弁・市民経済部長)
起業を目指している市民に対しては、定期的に中小企業診断士による創業相談を実施しているほか、起業予定または起業後1年未満の起業者に対する起業支援資金の間接有志制度を設けている。
この融資制度への利子補給は、中小企業事業資金など、他の制度が最長3年であるのに対し、5年間にわたり補助金を行うもので、資金繰りの面からも起業者に対して充実した支援になっている。
(意見・要望)
地域経済活性化を推進するためには、本市の経済の「パイ」そのものを拡大させることが必要である。
積極的に企業誘致や起業家支援を行うことは、地域経済における成長戦略にほかならない。是非前向きな再検討を願う。

その他の議案。

●「大和市子どもの外遊びに関する条例案」が上程されました。

子どもの体力及び運動能力の向上並びに健やかな育成を図るために、子どもの外遊びについての基本事項を定めたいとの趣旨で、同条例案が上程されました。
もとより、この趣旨には大賛成ですが、いろいろ検討しなければならないことも多々あります。
同条例案は、3月1日の厚生常任委員会で審議されます。