作成者別アーカイブ: yoshioka

No.219 令和2年の「議会報告」

令和2年の私の議会活動の一部をご報告します。今年は、新型コロナウィルス感染症の影響で、議会運営も例年とはかなり異なるものとなりました。第1回定例会では、感染症の予防のため、「一般質問」が中止となりました。6月定例会では、各会派に30分の時間が割り振られて、その時間内での「一般質問」となりました。9月定例会、12月定例会は通常どおり「一般質問」が行われました。会議の詳細については、市議会ホームページから「動画」、「会議録」が公開されていますのでご参照下さい。

〇 令和2年3月定例会

令和2年3月定例会では、「一般質問」が中止となりました。私が所属する文教市民経済常任委員会での質疑の一部をご報告します。

(中村)消費生活相談事業に関して、債権法が120年振りに改正されるが、それに伴う対応についてうかがう。

(市民相談課長)契約、時効の基本ルールが変わる。消費者保護の条文は民法改正の中では特になかったが、民法で契約の取消しができない部分を取消しが特別にできる消費者契約法などの法整備がされている。マルチ商法に対応する特別商取引法、割賦販売法もある。消費者関係の特別法の役割を今後も十分対応していきたい。消費生活センターの相談員の資質向上にかかっているので、国の研修、消費者庁の告知文も勉強しながら研鑽に励んでいく。

(中村)市の消費生活相談に相談して助かった市民は大勢いる。この場を借りて改めて感謝するとともに、法改正にも引き続きしっかり対応を願いたい。

〇 令和2年6月定例会

★ 一般質問
(中村)新型コロナウイルスの影響で経済的に厳しいご家庭が増えていると聞く。現在、またこれからでも利用できる就学援助や各種支援の取り組みや制度としてはどのようなものがあるか。どのように周知を図っているか。

(教育部長)就学援助費の受給申請については、申込期日を1ヶ月延長して5月末とした。また。家計が急変したご家庭を考慮して、6月以降も随時受け付けていく。再周知を図るために、6月下旬にチラシ等の配布を行う。

★ 「大和市歩きスマホの防止に関する条例」が成立。
昨年9月定例会の「一般質問」で、歩きスマホを規制する条例の制定を求めましたが、今定例会で当該条例案の提案があり、賛成多数で可決されました。

〇 令和2年9月定例会

★ 一般質問
(中村)病児保育室の安定的な運営のため予算の見直しの必要があると思うがいかが。

(こども部長)全国的な課題として国が定める補助の内容を見直していただくことが必要であり、県を通じて要望を伝えていきたい。
※ 12月定例会に、自由民主党から「病児保育事業への一層の支援を求める意見書」を地方自治法99条の規定に基づく「意見書」として提案しています。

〇 令和2年12月定例会

★ 一般質問
(中村)大和市のデジタル化の推進についてうかがう。

(市長)大和市にも国のデジダル庁のような組織を設けることが必要であると考えている。

★ 「大和市路上喫煙の防止に関する条例の一部を改正する条例」について。
昨年12月定例会で自民党から提案した、路上喫煙における「受動喫煙」に対策するための条例改正について、今定例会で「受動喫煙」について明記した条例案が提案されました。

No.218 中村一夫の「一般質問」

12月定例会の「一般質問」が、12月14日(月)から12月16日(木)までの三日間にわたり行われます。私、中村一夫の「一般質問」は、12月14日(月)の9時からです。質問の内容は以下のとおりです。市議会のホームページから、LIVEと録画で動画を配信いたしますので、是非ご覧下さい。よろしくお願いします。

一.行政組織について

大和市は、今定例会で条例を改正し、環境農政部、街づくり計画部、都市施設部の3部を環境施設農政部と街づくり施設部の2部に再編します。行政改革は、初当選以来の私の政策課題でもあり、今回の組織変更を含め、組織再編についての市の考えを質します。また、国はデジタル庁を設置して、デジタル化を推進する方針ですが、市としてのデジタル化推進についての考えと取り組みを質していきます。

二.学校に関して

コロナ禍の中、本年も学校ではさまざまな取り組みがなされてきました。次の4つの中項目に分けて、教育委員会・学校の考えと取り組みについて質します。

(1) ICT機器を活用した教育について。
大和市は、今年度中に小学校1 年生から中学校3年生までの児童生徒に、一人一台のコンピューター端末を貸与します。現在の実施状況と、実際の活用法、そして、今後学校が再び休校した場合でもコンピューター端末を活用して、どのような授業を実施できるのか伺います。

(2) コロナ禍での影響について。
今年は、新型コロナウイルスの影響で、約3ヶ月にわたって学校が休校となり、学習面はもちろんのこと、生活面、精神面で多くの影響が子どもたちに出ていることが懸念されます。教育委員会・学校として、どのように子どもたちと向き合い、ケアしていくかを伺います。

(3) 教員によるいじめ・ハラスメント等について。
大変残念なことですが、全国的に教師による子どもたちへのいじめやセクハラといった問題が後を絶ちません。大和市においてそのような事案はないのか。また、どのように現状を把握するようにしているのか、そして、そのような事件が発生しないためにどのような予防体制をとっているのか伺います。

(4) コミュニティ・スクールの現状と今後の取り組みについて。
教職員だけでなく、保護者や地域の方々に広く学校教育、学校経営に関わっていただくコミュニティ・スクールの取り組みは、学習面はもとより、児童生徒の学校生活全般にわたって大変有益であると注目されています。本市でもモデル校によって試験的に実施されていますが、本市のコミュニティ・スクールの取り組みについて、その成果をふまえて伺います。

三.「健康都市 やまと」について

大和市は「健康都市」を政策の中心に据えて、さまざまな取り組みを行ってきました。これまでの「健康都市」としての市の取り組みを振り返えるとともに、市職員に対する健康施策などについて伺います。また、本市は、大和市企業活動振興条例においても「健康経営」を奨励しています。経済産業省が認定する「健康経営優良企業」は、地方自治体も認定の対象となっています。県内でも小田原市が「健康経営優良企業」の認定を受けています。「健康都市」を掲げる本市も、「健康経営優良企業」の認定を目指していただきたいと願い提案いたします。

以上、3 点を30分の持ち時間で質問します。是非、ご覧いただき、ご意見をいただければ幸いです。よろしくお願いします。

〇大和市路上喫煙の防止に関する条例の一部を改正する条例

大和市路上喫煙の防止に関する条例の一部を改正する条例(案)が、上程されました。これまで、やまと自民党としても「受動喫煙被害」の問題を取り上げて、「受動喫煙」に対して規定するよう条例の改正を求めてまいりました。今回の改正案では、第1条の条例の目的のところに「受動喫煙の機会の低減に寄与し」の文言が追加されます。これまで、本市の路上喫煙に関する施策は、たばこの「火」のみを対象とし、「煙」については何の規定もありませんでした。ところが、市民からの路上喫煙に対する苦情の多くは、たばこの「煙」に関するものです。今回、はじめて「受動喫煙」に関する規定が追加されたことにより、今後はたばこの「火」ばかりでなく、「煙」に関しても対策が行われるようになると思います。今後とも議会から施策の提案等をしっかり行ってまいります。

No.217 12月定例会が始まります

令和2年最後の定例会が11月25日(水)から12月21日(月)まで開催されます。会議の予定は、以下のとおりです。
・ 11/25 本会議
・ 11/27 環境建設常任委員会
・ 11/30文教市民経済常任委員会
・ 12/1 厚生常任委員会
・ 12/2総務常任委員会
・ 12/3基地対策特別委員会
・ 12/11 議会運営委員会
・ 12/14 本会議(一般質問)
・ 12/15 本会議(一般質問)
・ 12/16 本会議(一般質問)
・ 12/17 議会運営委員会
・ 12/21 本会議

※ 会議は午前9時からです。
※ 会議の予定は変更することがあります。
※ 本会議は、市議会のホームページからLIVEと録画で配信します。

○ 中村一夫の政治活動・議員活動(前号から続く)。
○子どもたちのために(続き)
・ 待機児童解消のために、幼稚園の活用を。
(答弁)待機児童ゼロの継続を目指して幼稚園の活用を含めたさまざまな施策を力強く推進していく(平成29年6月定例会)。
・ 商工会議所跡地を送迎ステーションの設置、子育て関連施設として活用することを提案する。
(答弁)大和市のランドマークとなるような子育て支援施設を作る。送迎ステーションも設置に向けて検討する(平成29年9月定例会)。
→当初の予定では、商工会議所の跡地に設置の予定でしたが、その後、さまざまな検討を経て、会議所跡地は「公園」の一部として整備。施設は公園の南端にあった、旧青少年センター跡地に設置されることとなりましたが、基本的に大和公園と一体化した子育て施設をつくるといった私の提案は継承され実現いたします。
・ 放課後児童クラブの災害時マニュアルに基づき、川沿いの学校にあるクラブでは浸水時の避難場所として2階の教室が指定されました。あわせて、学校との一層の連携が図られるようになりました(平成29年12月定例会)。
・ 放課後児童クラブに通う児童の風邪等予防のために、加湿器を設置して欲しい。
(答弁)検討していく(平成31年3月)。
→必要なところから順次配備。実現! !
・ 「こども食堂」を南部でも開設して欲しい。
(答弁)必要な調整を進めていく(令和元年9月)。
・ 放課後児童クラブの夏休み中の学校施設利用について。
(答弁)学校や教育委員会と調整を図りながら、クラブの居室確保に努めていく(令和元年9月)。

○まちづくりについて
・ 第4地区(現シリウス)の再開発は、賑わいの拠点づくり、大和駅周辺を元気にしていくために行うので、それをバッケージでやって欲しい(平成23年6月定例会 都市整備特別委員会)
・ 大和市ポイ捨て等の防止に関する条例に罰則規定を設けるべきである。
(答弁)条例の見直しを視野に入れて、積極的に対応していく。
→条例改正が実現! !環境美化を推進! !
・ (まちの活性化を促すためには、複数のターミナルを持つことが有効である)大和駅東側第4地区(現シリウス)にバスターミナルの設置を提案する。
(答弁)大型バスが停車できるスペースの設置を具体的に検討していく。
(平成24年6月定例会)
(答弁)大型バスの停車スペースを組み入れた(平成26年3月定例会)。
→シリウスに大型バスの停車スペースが実現! !有効活用について、引き続き政策提案中! !