作成者別アーカイブ: yoshioka

No.205 令和2年第1回臨時会が開催されました。

 

〇令和2年第1回臨時会が開催されました。

令和2年5月7日、大和市議会は今年度最初の臨時会を開催いたしました。臨時会では、新型コロナウィルス対策の補正予算など、市長の専決処分を承認しました。今回の議会は、新型コロナウィルス感染拡大を防止するため「3密」とならないように、本会議場に全議員が入ることは極力抑えて実施されました。大和市議会の歴史の中でも極めて異例な議会となりましたが、市側提出の議案はすべて承認されました。市長の専決処分は、本来は議会の議決が必要なもののうち、議会を招集することが困難な場合に、議会の承認を得ず市長の権限で行い、後日議会の承認を求めるものです。議会制民主主義の観点からすれば、本来望ましいものではありませんが、新型コロナウィルス感染症の蔓延に伴い、「緊急事態宣言」が出されているという極めて「異例」な状況下ではいずれも止むおえないことと判断し、承認いたしました。ただ、今後、市長の専決処分が状態化することのないよう、自由民主党市議団としては、私が政調会長として取りまとめた「要望書」を提出し、早急にコロナ対策に関する本格的な補正予算を議会に対して提出するように求めています。

 〇基地対策特別委員長に選任されました。

臨時会において、私は基地対策特別委員長に選任されました。大和市議会は毎年常任委員会、特別委員会の委員長、副委員長、委員の改選を行っており、通常同じ議員が連続して同一委員会の委員長を務めることはありません。今回、私は4年連続して基地対策特別委員長を務めます。大和市議会の歴史の中で極めて異例なことです。いうまでもなく、厚木基地に関する課題は、大和市にとって最も重要な問題の一つです。本来、国防の問題は国家の専権であり、大和市のような一地方自治体の関与する問題ではありません。それでも、基地が所在する自治体として、大和市民の生活の安全のために国に対しても必要な行動を起こしていく必要がある。そういう意味で、大和市議会は「基地対策特別委員会」を設置しています。私が基地対策特別委員長を拝命して以来、米空母艦載機の岩国基地への移転を実現させ、厚木基地の航空機騒音解消に尽力してきました。今後とも大和市民にとっての最重要事項である厚木基地に起因するさまざまな課題の解決のために尽力してまいります。

 〇自由民主党大和市議員団からの「要望書」について。

自由民主党大和市議会議員団として、新型コロナウィルス対策の補正予算編成を求める「意見書」を提出しました。

要望書

令和2 年度予算については、3月定例会において承認した。しかし、長引く新型コロナウイルス感染症の影響により、すでに執行できなくなった事業、また中止が決定している事業も多くある。未だ収束の見通しのつかない現状において、今年度予算を大幅に組み替えた、令和2 年度補正予算を編成し、より積極的な対策を強く望むものである。ここに我々自由民主党市議会議員団は、すみやかに新型コロナウイルス対策を大規模に盛り込んだ、令和2 年度補正予算を議会に提出されるよう求めるものである。

大和市議会

自由民主党市議会議員団

〇新型コロナウィルスに関する要望書について。

大和市議会では、現在毎週木曜日正午を締め切りに、新型コロナウイルスに関する要望書を各議員から受け付けています。私も毎週提出していますが、先週・今週と提出した要望事項をご報告します。

★新型コロナウイルスに関する要望書(5/14)

(1)6月定例会で、市側からコロナ対策についての報告を議会にすること。これまでの対策、今後の方向性を議会に報告した後、議員からの質問・答弁を行うこと。

(2)学校に関しては、たびたび意見を申し上げてきたが、他市等に比べて対策が極めて遅い。このままだと「学習格差」は深刻なものになる。至急対策を求める。

(3)休業中の学習の遅れをどのようにして取り戻すのか、具体的な取り組みを明らかにすること。

(4)特に、新1年生(小中共)、中学校3年生(受験生)の対応は早急に。

(5)政府は家賃補助を最大2/3まで補助する案を検討している。国の動向を見ながら、市として不足の1/3を補助できないか検討して欲しい。

(6)医療従事者、保育士、介護士等でウィルス感染の可能性のある人(自覚症状がなくても)のPCR検査、職場復帰の条件、情報公開の範囲・時期などの「基準」を明文化したマニュアルを作成すること(ただし、「マニュアル絶対主義」というのではなく、「協議」の余地を残しておくこと)。

(7)医療従事者、保育士、介護士等、特にウィルス感染拡大の可能性の高い職種については、自覚症状等がなくても必要に応じてPCR検査を実施できるような制度を構築すること。

(8)教育委員会は、6月定例会の文教市民経済常任委員会で、これまでの取り組み、今後の対策など、新型コロナウィルス関連の学習面、生活面、その他の影響について報告し、議員の質疑に応じること。

(9)公共工事を前倒しで発注し、全てを市内業者に発注すること。

(10)コロナ禍での熱中症対策を万全にしておくこと(特に学校)。

(11)市立病院の入口に「消毒マット」を設置すること。

(12)市立病院、市役所ロビー等でマスクをしていない人は殆どいない。「マスク条例」の効果であると思う。マスクをしていない人はごく少数であり、マスクがないのかもしれない。そういう方にはマスクをその場で販売できないか。おそらく、マスクをしていない方は「肩身の狭い思い」をされていると思うし、周囲の人も気になるとと思う。数的にもそれほど多くは必要ないと思う。是非お願いしたい。

(13)青空教室、体育館で授業を再開すること。

(14)次亜塩素酸水を市役所ロビーに沢山置いて、手軽に消毒できるようにする(市立病院も)。

(15)市役所ロビーの次亜塩素酸水噴霧器の数を増やす(市立病院も)。

★新型コロナウイルスに対する要望(5/7)

(1)看護師(准看護師)資格をもっていて、医療現場を離れている方で、現場復帰していただけるような体制作っておくこと

(2)市立病院での院内感染を防止するために、(1)スタッフの防護、(2)ゾーンニングの徹底を行うこと。そのためのマニュアルの作成と徹底を行うこと(院内感染が出ていない自衛隊病院の取り組みを参考にすること。)。

(3)今月中には、休業中の子どもたちに対して通学時と同程度の学習を行なえるような体制を作ること。

(4)市役所内にコロナ関係の総合相談コーナーを作ること。

(5)商工会議所と連携を密にして、「今」市内事業者が何を必要としているかを把握した上で、市としてできることは何でも行うこと。

(6)経営者相談窓口を拡大すること。市の職員だけで足りないようならば、中小企業診断士等の有資格者の協力をお願いすること。

(7)政府からの10万円の給付手続を速やかに行うこと。場合によっては、市が立て替えて支給することも必要かもしれない。

(8)市役所の入口、市立病院の入口で、体温検査、消毒液の散布(手に吹き付ける)を実施すること。

(9)今月中にすべての児童生徒の健康面、精神面、生活習慣、家での学習などを直接担任が電話等で確認にし、個々の児童生徒の必要に対応すること。

(10)市はPCR 検査を拡大している。検査の結果「陽性」になった人の隔離場所を確保すること。自宅待機は家族に感染させてしまうから、一人暮らしなど特別な状況にある人以外はできるだけ避けること。

(11)そのために、学校体育館、スポーツセンター、ポラリス、コミュニティセンターなど、閉館中の公共施設を医療目的で使用する対策を早急に立てること。

(12)乳幼児の集団検査が出来なくなっている。自宅に電話などをして、乳幼児の健康面での相談にのること。

(13)一人暮らしの高齢者の健康状態を確認すること。

(14)厚木基地の自衛隊と協力し、感染症対策(予防・院内感染の防止など)を行うこと。

(15)以前の要望でも指摘したが、あと一月程で梅雨に入る。コロナ禍での避難所の運営の設置・運営について早急に対策すること。

 

平成31年、令和元年の中村一夫の議会報告

平成31年第1回定例会より。

平成31年2月15日から3月13日まで27日の会期で平成31年第1回定例会を開催しました。この定例会は、平成最後の定例会であり、また平成23年に議席をお預かりした今任期最後の定例会となります。私は3月6日に登壇し(1)大和駅周辺の活性化について。(2)公共工事について。(3)教科書採択について。(4)放課後児童クラブについて。(5)大和ゆとりの森について。の5点を質問しました。放課後児童クラブについては、風邪等の予防のための環境整備として、クラブに加湿器の導入を提案しました。担当のこども部長からは「各児童クラブの居室の状況に応じて検討していく。今後も衛生及び安全の確保に配慮しつつ、児童が心身ともに健やかに生活できる保育環境の整備に努めていく」といった答弁がありました。→必要とするクラブから順次加湿器の導入が始まります。この時は、まったく予期していなかったことですが、令和2年早々に新型コロナウィルスの流行が始まり、市としては次亜塩素酸水を作って市民の健康管理に対応しています。そんな中、超音波加湿器を導入した放課後児童クラブでは、室内の住環境維持のために、次亜塩素酸水を活用して噴霧しているようです。

令和元年第1回臨時会より。

元号が令和と改まり、私も3期目の議席をお預かりさせていただけることとなりました。令和元年5月9日、臨時会が開催され、議会内の今年度の役職等が決まりました。私は、昨年、一昨年に続いて今年度も基地対策特別委員会の委員長を拝命いたしました。

私のこれまでの委員長任期中に大和市民長年の悲願でもあった米空母艦載機の岩国基地への移駐を実現させることができました。航空機の騒音は格段に改善されたと思います。ただ、今後の厚木基地の運用についてはまだ不確定なこともあり、引き続き議会における基地政策の責任者として尽力してまいります。

今年も基地対策協議会の委員も務めることとなり(第2部会長)、会長(市長)とともに8月19日には防衛省、外務省、総務省と回って、政府高官に対し厚木基地に関わる問題について要請・要望を行ってきました。

令和元年第2回定例会より。

令和となって最初の定例会が令和元年6月3日から6月27日までの25日間の会期で開催されました。今回の私の一般質問は6月20日に行い(1)健康都市大学について。(2)聖火リレーについて。(3)「こども食堂」について。(4)起業家支援について。(5)公共工事について。の5点を質問しました。

「こども食堂」については、北部・中部地域にやや偏っている「こども食堂」を是非南部地域でも開設して欲しいと要望いたしました。担当のこども部長からは、「今後南部地域での開設についても、運営団体募集など必要な調整を進めていきたい」という前向きな答弁がありました。→現在実現に向けて進んでいるとのことです。

令和元年第3回定例会より。

8月28日から9月25日までの29日間の会期で、令和元年第3回定例会が開催されました。私は9月18日に登壇し、(1)南部地区にかかわって、(2)厚木基地について。(3)ゲーム(スマホ)依存症について。(4)歩きスマホについて。(5)放課後児童クラブについて。の5点を質問しました。

「厚木基地について」では、近年毎年のように発生する自然災害に備えて、厚木基地の海上自衛隊との災害時協定を締結することを提案いたしました。市長からは「今後いつ発生するかわからない大規模災害に備え、厚木基地が本市に隣接しているという特徴に鑑み、米海軍や海上自衛隊と実効性のある連携、協力について、協定締結も含め、引き続きさまざまな側面から検討していく」という大変前向きな答弁がありました。これまでの市の姿勢からは一歩進んだ答弁であり期待したいと思います。

また、「歩きスマホ」については、条例化に向けて動き出しています。

令和元年第4回定例会より。

令和元年最後の定例会が、11月26日から12月20日まで、25日間の会期で開催されました。私は12月13日に(1)子ども議会から。(2)市営住宅について。(3)防災について。(4)放課後児童クラブについて。の4点について質問しました。(1)の「子ども議会から」では、11月10日に開催された「子ども議会」で子ども議員からも質問があった「ストリートピアノについて」と、「ごみ箱の設置について」を取り上げました。

「ごみ箱の設置について」では、駅周辺のごみの散乱を防ぐために、ごみ箱の設置についてと、AI、ロボット技術を活用した「ごみ箱ロボット」の研究開発について提案しました。「ごみ箱ロボット」については、市民経済部長より、「大和ロボット共同研究協議会、大和商工会議所との連携を図りながら調査研究を進めていく」との前向きな答弁がありました。

※上記の内容は、市議会のホームページからもご覧になれます(スマホでも見れます)ので、是非ご覧下さい。これからも市民の皆様の「声」が生きる大和市政となるように尽力してまいります。

No.204 新型コロナウイルス対策として、大規模な補正予算を策定すべし! !

令和2年3月24日、大和市議会は、今年度当初予算を可決しました。同時に議会開会中にも深刻さを増して来た、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、早急にコロナ対策を盛り込んだ補正予算を議会に提出して欲しい旨を市側に申し上げました。
新年度が始まって、早くも1ヶ月がたちました。国も県も大規模な補正予算を編成していますが、大和市では未だにしっかりとした補正予算を議会に提案するような動きがみえません。今月予定されている臨時議会では、市長が専決した何件かの補正予算の議会承認が求められることになりますが、そのほとんどは国の予算として執行されるものを、市が窓口として行うにための補正予算であり、市独自の施策としては、県が行う休業協力金に市としての「上乗せ」をするものだけです。
今年度の当初予算に計上されているもので、すでに中止になったもの、中止が決定されているもの、おそらく中止になるだろうという事業に計上されている予算額は相当な金額になると思います。加えて、今年度は中止にできるもの、来年度以降に延ばせるものなどを入れたら、その規模はもっと大きくなります。何が言いたいかというと、「コロナ対策としての財源はまだある」ということです。それらを単に「執行残」としてしまうのではなく、早急に補正予算を組んで、新型コロナ対策に有効に使うべきです。遅くとも6月定例会には、本格的な補正予算を組んで議会に提出するように求めていきたいと思っています。
大和市は、市立病院のことも、経済対策も、学校休業中対策も後手後手です。未曾有の国難だからこそ、「計画的に予算に計上して議会の承認を得て執行していく」という議会制民主主義がしっかり行われていく必要があります。議会としての矜持が試されているともいえると思います。

〇 新型コロナウイルスに対する要望(4/30提出)

毎週、木曜日の正午を締め切りに、各議員は市側への要望を議長宛に提出できることになっています。私も毎週提出していますが、今週提出したものは以下のとおりです。私以外にも大勢の議員がそれぞれ要望を提出しています。「実施するには財源が…」と市側は言うでしょうが、前述したとおり「財源はまだあります」。要は、いかに早急に今年度予算を精査して、コロナ対策の補正予算を組めるかどうかです。私としては、とにかく早急に大規模な補正予算の策定を求めていきます。

☆市側へ。

  • 外出自粛が長引くと、自治会や老人会といった地域のコミュニティが崩壊し
    てしまう。今からそうならないための対策を求める。
  • 介護施設、デー・サービスの休止に伴う代替施策を検討実施すること。
  • 市立病院の院内感染を防ぐためにさらなる、感染症予防策を強化すること。
  • 医師・看護師、医療従事者は当然だが、清掃員・受付まで、しっかり感染予防策を講じること。
  • 「3密」を防ぐため、公園遊具の使用禁止。学校校庭を日・時間等を決めて分散して開放すること。
  • 市民からの要望を受ける専用のメールアドレス、「ご意見箱」などを設けて、市民の声を直接聴くようにすること。
  • 市立病院職員のケアをしっかりすること(メンタルも含め)。離職者が増えていると聞く。職場体制に問題はないか、しっかり対応して病院職員が真に必要としている対応をして欲しい。
  • 減税、納税猶予、分割納税などを大規模に実施すること。
  • 市内限定の商品券(プレミア付き)を発行して、消費を喚起すること(用途は物品購入だけでなく、さまざまなサービスも利用できるものにする)。
  • 市内の飲食店で、テイクアウトをやっているお店を、当該飲食店・商工会議所や商店会がアピールしている。その取り組みに市が積極的に協力すること。工夫して是非実施して欲しい。
  • 鎌倉応援チケット(CF)のような取り組みも検討して欲しい。
  • 大和市商業振興条例第3条の規定に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大中における大和市商業の振興について、「総合的な施策」を実施すること。
  • 上記の「総合的な施策」は、現在の対策と、コロナ収束後の回復期の施策と、切れ目の無い施策の実施が必要である。場合によっては、「大和市商業戦略計画」の改定も必要かもしれない。あるいは、「新型コロナウイルス対策特別商業振興計画(仮称)」のようなものを策定することが効果的かもしれない。とにかく、しっかりとした支援が必要である。
  • 新型コロナウイルス感染者が出ている市立病院では、市民の不安を解消するためにも、遠隔診療を早急に実施すること。独自にシステムを構築しなくても、すでに民間でシステムをリリースしているとのこと(詳細は中村まで)。
  • 担任の教師は、クラスの児童生徒ともっと「まめに」コンタクトをとること。1クラス40人もいないのだから、毎日のように電話したって良い。勉強のこと、生活のこといろいろ相談に乗って欲しい。今、学校から、担任からのコンタクトはほとんどない。早急に改善すること。
  • 例えば、YouTubeを活用して、オンライン授業できないか。各学校、学年一斉の配信で良い。ちゃんと、1時間目からやれば、子どもたちの生活習慣の改善にもなる。各教員(担任)は、子どもたちがちゃんと視聴しているかも含めてケアをすること。勉強に遅れた子どもたちには、教科担当の教員を中心にサポートすること。授業をオンラインで行う教員は、特に教える技術の高い教員を教育委員会で選定して行い、他の教員はそれを見ることで教え方の研修にもなる。各担任、教科担当教員は、個別の児童生徒のサポートに力を尽すこと。
  • 特に中学校3年生は、高校受験を控えている。他市の中学生と「教育格差」が生じないように十分な対策を行うこと。
  • 政府からのマスクを不要の人が寄附できるようなボックスなどを設置すること。
  • コロナ関係の寄附窓口を一本化して、用途を決めて行う寄附、特に用途を決めずに行える寄附など、幅広く募集すること。
  • 市役所職員に対して、昼食などは市内飲食店のテイクアウトを利用するように奨励すること。
  • 市役所職員に対して、市内での消費を奨励し、市内商業の応援を促すこと。
  • 休業要請に応じていただいているお店に「不公平感」をもたせないために、隠れて営業していて協力金を受給するところがないように十分配慮すること。後で発覚した場合は、何らかの罰則を設けること。
  • コミュニティバスは暫く運行を休止すること。
  • コロナ対策のために、抜本的な、ないしは大規模な補正予算を組み直すこと。
  • 現時点で、すでに中止になったイベントなど執行できなかった事業や、本年度予算に見積もられてはいるものの、中止が確定的、また中止の可能性の高い事業にどれくらい執行できない予算があるかを早急に調べて、それらの「浮いた予算」を有効に活用できる施策を検討すること。
  • 新型コロナウィルス感染者の情報をより詳細に出すこと。年齢、家族構成、現在の状況(入院中、自宅療養中など)など。横浜市はやっている。近隣市と統一的にやるべき。また、市の北部、中部、南部程度の分類での人数公開も必要。
  • 新型コロナウイルスに感染した方、そのご家族、関係者が差別されたり、中傷されたりすることがないように市として万全を期すること。
  • 鎌倉市にのような家賃支援を早急に行うこと。

★ 議長へ。

6月定例会では、必ず「一般質問」を実施すること。