作成者別アーカイブ: yoshioka

No.180 政策力と実行力で一歩一歩着実に!! 中村一夫のやってきたこと。

☆中村一夫は、大和市議会で唯一人の行政法務の専門家(特定行政書士)です。特定行政書士は、行政不服審査法に基づく、行政機関への不服申立てを一部代理することができる資格者です。専門的な法律知識と行政手続に関する経験をもとに、議員として行政へのチェック機能を発揮してまいります。

☆中村一夫は、大和市議会で唯一の議員提案による経済政策条例「大和市商業振興条例」を起草し、成立させました。この条例を根拠に策定された大和市商業戦略計画を基に、現在大和市の商業振興政策が行われています。

☆中村一夫は、「やまと自民党」の政策責任者(政務調査会長)です。政策を進めるためは、国や県との連携が重要です。地元自民党の政調会長として、国会議員、県議会議員ともしっかりと連携・協力し、政策を実現させてまいります。

☆個人情報の保護は、行政機関にとっても大変重要な責務です。中村一夫は、大和市議会で唯一人の「個人情報管理士(特定)」の資格を保有しており、専門的な視点で行政の個人情報管理を監視してまいります。

政策力と実行力で、一歩一歩着実に!! 中村一夫のやってきたこと。

  • 放課後児童クラブに通うこどもたちが、クラブから「寺子屋」や「放課後ひろば」に通えるようにしました。
  • 放課後児童クラブに通うこどもたちの安全のために「災害時対応マニュアル」の整備を実現させました。
  • 経済的な理由によって、お子さんを就学させることが困難なご家庭に対して行われている「新入学学用品費」の支給を入学前に実施できるようにしました。
  • 基地対策特別委員長として、厚木飛行場に飛来する米空母艦載機の移駐を推進し、遂に、岩国飛行場への移駐を実現させることができました。
  • 議会改革実行委員長として、議会改革を推進し、議会の法的能力向上を目指して、中央大学との包括的なパートナーシップ協定の締結を実現させました(中大と地方議会との協定締結は全国初)。
  • こどもたちの学力向上のために、具体的な施策の実施を繰り返し求めてまいりました。
    →「放課後寺子屋」が市立全小学校で実施されるようになりました。
    →「全国学力・学習状況調査」に関しても、具体的な目標を教育委員会に設定させ、
    目標に近づいてきています。
  • 安全なまちを目指して、具体的な提案をしてまいりました。
    →「安全安心サポーター」をはじめ、各種「サポーター」制度が出来ました。
  • ゆとりの森公園で行われている「ラジオ体操」を「ヤマトン健康ポイント」の対象としました。
    →多くの方が「ラジオ体操」を楽しまれています。
  • 地域経済活性化のために、起業家支援、企業誘致をすすめてまいりました。
    →ベテルギウスの中に、起業家支援スペースができました。
    また、企業活動振興条例によって、企業誘致の環境も整備されてきました。
  • 議会基本条例の規定に基づき、積極的に議会活動の報告を行っています。
    →市内全8駅で、市政リポート「大和主義! !(月2回発行)」を配布しています。
    その他、twitterFacebook、ホームページで情報を発信しています。
    さらに、概ね月1回のペースで「市政報告&意見交換会」を開催しています。

No.179 中村一夫の「一般質問」について。

中村一夫の「一般質問」について。

私は、平成23年に議席をお預かりして以来、毎回の定例会で「一般質問」を行い、市政を質し、政策を提案してまいりました。今回32回目となる「一般質問」を下記のとおり予定しています。ご都合の良い方は、是非市議会まで傍聴にお越しいただけると嬉しいです。なお、市議会のホームページからもLIVEと録画で「動画」を配信いたしますのでご覧下さい。お手持ちのスマートフォン、タブレットからもご視聴いただけますのでご利用下さい。よろしくお願いします。

日 時 平成31年3月6日(水)午後3時半頃。
場 所 大和市役所5階 市議会。

※ 議会事務局で傍聴の手続をお取り下さい。

内 容

一.大和駅周辺の活性化について。

  • 年間300万人の来場者がある「シリウス」。人が集まる「拠点」となった。この施設を大和駅周辺活性化の「起爆剤」として活用して欲しい。市の考えをうかがう?
  • 大和市商業振興条例を活かして、大和駅周辺の活性化を進めて欲しい。市の取組みと商工会議所、商店会等との連携についてうかがう?
  • 新年度、市は旧青少年センター跡地に子育て支援施設の整備に向けての取り組みを進める。シリウスにも子育て支援施設がある。今後、大和駅付近を多くの子育て世代の方々が行き交うようになると思う。このような人の流れを地域経済活性化に向けての施策に活かせないか。市の考えをうかがう?
  • 駅周辺の活性化のためには、駅などの交通拠点が複数あり、複数の交通拠点の間を人が行き来することも重要である。シリウスを建設するときにもこのことを指摘し、シリウスに観光ツアーバスの発着場所を設けることを提案し、大型バスが駐車できるスペースを設けていただいた。「はとバス」のような定期観光バスやツアーバスなどの発着場所をシリウス付近におき、観光地への「ベースキャンプ」のようにして、大和駅周辺の活性化につなげることはできないか。お考えをうかがう?

二.公共工事について。

  • 公共工事は、新年度予算が成立してからの発注となるため、実際の工事に入る時期が遅れ、年度末に工事が集中する。公共工事を年間通じて「平準化」していくことは、市民にとっても、事業者にとっても、大和市にとっても良い事である。そのために、いわゆる「ゼロ市債」を導入することを検討いただきたい。お考えをうかがう?

三.教科書採択について。

  • 来年度は、小学校の教科書採択が行われる。教科書採択は、具体的にどのような手順(手続)で行われているか?
  • 特定の出版社の教科書を採択しないようにといった「陳情」や「要望」などが教育委員会に出されたことは過去にあったか?現在はどうか?
  • 教育委員や教科書採択に関わる人の自宅等にそういった「陳情」や「要望」が郵送等で届けられているといったことはあるか?
  • そういった「陳情」や「要望」に影響を受けずに「公平」「中立」に教科書採択が行えるように教育委員会としてどのようなことを具体的に行っているか?

四.放課後児童クラブについて。

  • この冬はインフルエンザが大流行し、多くの学校でも学級閉鎖などになっている。放課後児童クラブでの風邪等の予防のため、加湿器の整備など環境整備を提案したい。いかがか?
  • 現在19ある放課後児童クラブの内、2つだけが民間に委託され学校敷地外にある。児童の安全のためには、すべての放課後児童クラブを学校敷地内に設置してはと考えるが、市の見解をうかがう?

五.大和ゆとりの森について。

  • 大和ゆとりの森は、広大な公園の中にスポーツ施設あり、大型遊具あり、健康遊具あり、BBQ場ありと、老若男女すべての人が「健康的」に楽しめる「健康都市大和」を象徴する公園である。毎朝、地域の方々がウォーキングやラジオ体操等を楽しまれているが、公園のトイレが9時にならないと使用できずに利用者から何とかして欲しいとの要望がある。安全面・防犯面での課題もあると思うが、公園利用者がトイレを使用できるように工夫して欲しい。市の考えをうかがう?

※ 登壇時間は会議の進捗状況により、前後することがあります。議会事務局(260-5503)までお問い合わせ下さい。
※ 質問の内容は都合により変更する場合があります。

「市政報告会のお知らせ」

今月も「市政報告会」を下記のとおり開催します。今回もゲストスピーカー(国会議員・県議会議員等)も来場予定です。お誘い合わせの上ご来場下さい。お待ちしています。

日 時 3月16日(土) 14時から15時
場 所 「清風」 高座渋谷駅 西口下車すぐ。

No.178 平成31年度「一般会計予算」について。

平成31年度「一般会計予算」について。

今定例会に上程されている平成31年度の一般会計予算規模は、774億4,000万円(対前年度+0.4%)です。その内、自主財源総額は439億6,821万円(対前年度−1.1%)で、自主財源比率は、
56.8%(対前年度−0.9ポイント)となっています。新年度予算に盛り込まれている事業の主なものを以下に紹介いたします。

新規事業

  • おひとり様などの終活支援事業   2,956千円

    ひとり暮らし等の市民が抱える終活に関する精神的な不安を解消することで、健康で安心した生活を確保することを目的とします。具体的には、自らの葬儀等に関する相談受付、情報発信、葬儀の生前契約に関するサポート等を行います。

  • 特別支援教育センター施設維持管理事務   21,691千円

    平成31年4月に開設する特別支援教育に関する専門的な施設の維持管理を行います。通常の学級に在籍する支援の必要な児童生徒等、及びその保護者に対する専門的な支援を安全かつ快適な環境の中で実施します。

  • 大和駅周辺防犯特別対策事業   37,171千円

    大和駅周辺の防犯対策を強化し、イメージアップを図ります。具体的には、大和駅から半径200m以内に、街頭防犯カメラ(20箇所)、防犯灯(100灯)、客引き防止看板(4台)を整備します。

  • 空家等対策事業   9,225千円

    空き家等の適正管理を促進することにより、防災、衛生、景観面等に与える影響の未然防止や抑制に努め、生活環境の保全を図ります。(仮称)「大和市空家等対策計画」の策定に向け、空き家等の実態調査及び課題整理のための調査業務(委託)を行います。

充実事業

  • 病児保育事業   57,701千円

    病児保育の実施により、保護者の就労等を支援します。もみの木医院病児保育室の定員を増やし、十六山病児保育室に対して補助金を交付します(新規)。

  • 防災情報システム管理事業   4,849千円

    防災情報システム等の運用及び保守管理を行います。ヤマトSOS支援アプリのマップ情報に、浸水想定区域を追加します。

  • 消費生活相談事業   10,978千円

    市民が消費生活を送るうえで、事業者との取引や契約に関して相談できる体制を整備し、市民が安心して消費生活を送ることができる環境を整備します。具体的には、消費生活相談員を1名増員し、3名勤務(月から金)とすることにより、増加している消費生活相談に対応します。

  • コミュニティバス運行事業   343,367千円

    これまでに実施した調査の結果や、市民からの要望事項等を踏まえ、運行ルートやダイヤ等の見直しを行います。「のろっと」においてICカードを利用できるようにします。

その他の事業

  • 放課後児童クラブ施設整備事業   142,401円

    放課後児童クラブへの入会希望児童数が、既存施設の定員を越えると予想される小学校について、受け入れ体制の整備を行います。中央林間小学校敷地内にあるプレハブ施設を建て替えます。

  • 学力向上対策推進事業   146,161千円

    児童生徒への学習支援を行うとともに、小学校の若手教員の指導力を養うことで、継続的に学力の向上を図ります。

  • 建築物の耐震化等促進事業   58,972千円

    「大和市耐震改修促進計画」に基づき、建築物の耐震化を促進し、地震による倒壊等の被害から市民の生命、財産を保護します。ブロック塀等の無料診断を行い、法に適合しない危険なブロック塀等の撤去改善費の一部を助成します。木造住宅について、無料の簡易耐震診断及び精密耐震診断費、耐震改修費の一部を助成します。

  • 企業活動促進支援事業   72,280千円

    大和市企業活動振興条例に基づき、企業活動を支援します。大和市企業活動振興条例に基づく認定計画に対して、奨励金を交付します。

  • さがみロボット産業特区促進支援事業   20,090千円

    市内ロボット(生活支援ロボット)関連産業の振興を図ることにより、市内産業をより一層発展させていきます。

予算審査の委員会について。

大和市議会では、常任委員会で所管事業ごとに予算審査を行います。常任委員会の会議の日程は次のとおりです。

2/19(火) 環境建設常任委員会
2/20(水) 文教市民経済常任委員会
2/21(木) 厚生常任委員会
2/22(金) 総務常任委員会

※ 委員会の会議は傍聴できます。