作成者別アーカイブ: yoshioka

No.227 地方自治は「二元代表制」

地方自治体は、知事や市長などの「首長」と議会議員をそれぞれ住民が選挙で直接選ぶ「二元代表制」を採っています。
首長と議会がともに住民を代表することで、両者(「首長」と「議会」)が対等に協力・チェックしながら地域の運営に責任を持つことになります。

★ 「議会」の主な仕事。
・ 条例の制定や改廃。
・ 陳情・請願の審査。
・ 予算の議決。決算の認定。
・ 議会での質問(「一般質問」など)による政策提案。

条例の制定、改廃については、市長が提案してくる条例案を審議して議決するものと、議員自らが条例案を提案し、議会で議決して制定するものとがあります。また、市長が提案する条例の中には、市長(行政側)自らの発案によるものと、議員の提案を基に市長が条例案を作って議会に提案するものがあります。
例として、大和市商業振興条例、大和市議会基本条例は議員が条例案を作って制定したものです。また、大和市歩きスマホの防止に関する条例、大和市企業活動促進条例、大和市ポイ捨て等の防止に関する条例の改正、大和市路上喫煙の防止に関する条例の改正などは、議員からの提案により市長が条例案を作成し、議会にはかって制定したものです。
中でも大和市商業振興条例は、私が条文案の起草から関わって成立した、大和市初の議員提案による「経済政策条例」です。また、大和市歩きスマホの防止に関する条例は、私の「一般質問」を受けて制定されたものです。
条例の制定改廃は、議会制民主主義にとって最も重要な仕事の一つです。大和市議会でただ一人の行政法務の専門家(特定行政書士)として、引き続きしっかりと取り組んでまいります。

〇地方自治の仕事のサイクル

課題を発見…住民からの意見・要望をお聴きしたり、ネット、新聞、出版物等で情報を収集。

詳しく調べる…現状や見通しなどを調査。先進市の事例などを調査・研究。

解決へ…議会での質問準備。「一般質問」での政策提案。

実現! !

「やまと市議会だより」、「大和主義! ! 」、twitter、Facebookなどで報告。

〇どうすれば、議会のことがわかるの?

大和市議会は、市議会ホームページからさまざまな情報を発信しています。本会議の動画配信をはじめ、会議録等を公開しています。かなり詳細な情報を載せていますので、是非アクセスしてみて下さい。
また、年に6回「やまと市議会だより」を発行しています。「市議会だより」は自治会のご協力をいただき、各ご家庭にも配布させていただいています。また、市役所をはじめ市の公共施設にも置いてあります。さらに、ホームページにも載せてありますので是非ご一読下さい。
市議会は、本会議も委員会も傍聴いただくことができます。事前予約などは不要です。是非、お気軽にお立ち寄り下さい。
中村一夫は、毎月2回「大和主義!!」を発行しています。駅頭で配布していますので、是非ご覧下さい。また、中村一夫のホームページにも掲載しています。
地方自治は「民主主義の学校」といわれています。市民の皆様のご意見がどのように議会を通じて市政に反映されているか是非ご注目下さい。

〇ご意見をお聞かせ下さい

市政に関してのご意見やお困りのことがありましたら、中村一夫にお気軽にお申し付け下さい(090-3904-0813)。私は自民党の議員ですが、自民党がお好きな方もそうでない方もどなたでも結構です。時間を設けてしっかりとお話をお聞きし、解決の方法を一緒に考えさせていただきます。

No.226 令和3年度予算が成立しました

 令和3年3月23日(火)、大和市議会は本会議を開催し、令和3年度予算案を可決しました。
一般会計の総額は、831億2,200万円で前年度より6.4%の増となっています。新型コロナウイルス感染症の影響で、市の主要な財源である市税は減少しますが、国費である地方交付税などを活用して、コロナ対策や市民サービスを着実に行っていきます。厳しい財政の中、中止や一時停止、延期となった事業もありますが、まさに「非常事態」の予算編成です。市民の皆様におかれましては、何卒ご理解とご協力を賜りますようにお願いします。自由民主党としては、必要に応じて補正予算を組み、市政運営を行うように意見を申し述べました。今後とも市民の皆様の「声」をしっかり執行部側に伝えて、厳しい財政運営ではありますが、市民サービスを出来る限り滞らすことのないように強く求めてまいります。

〇 委員会の審議から

 令和3年3月2日(火)、私が所属する文教市民経済常任委員会は、委員会の会議を開催し、委員会に付託された令和3年度予算文教市民経済常任委員会所管分を審査いたしました。以下は、私の発言の一部です。

市民経済部関係
(中村)(自治会の)会員数を増やす・維持するために何をしているか。市役所職員に対しても自治会加入を促進することが必要だ。事業として取り組む考えはあるか。

(市民経済部長)特にない。

(中村)理由を教えて欲しい。

(市民経済部長)市職員としての自分の身分を考えたとき、地域の活動に率先して入って行くのは当然だ。あまり強要すると負担も発生するので控えている。

(中村)強要ではなく、促進である。市民に自治会に加入しようと言っているのに、市職員は別では(会員の)数は増えない。自ら手本を示すことにより、自治会加入を促進していくことが必要だ。

文化スポーツ部関係
(中村)人権啓発事業に関して、パネル展とはどういうものを予定しているか。

(国際・男女共同参画課長)今年も人権週間に1階市民課ロビーで開催したが、来年も同じものを予定している。

(中村)人権問題は重要なことであるし、いろいろな問題がその都度出てきているので工夫して欲しい。ウイグル人の問題は国会でも大きな問題になっており、ジェノサイドとも言われて、国際的に問題になっている。各地でウイグル人の人権についてパネル展示も行われているので、そういうことも検討していだきたい。

教育部関係
(中村)コロナで長期休暇になって、そのまま学校に行かなくなってしまったり、社会の不安から学校から足が遠のいて不登校になってしまった子供は増えているのか。

(青少年相談室長)欠席ではないが、心配な児童生徒は別に上げてもらっている。その数も多いので、総合して考えると、昨年度より増えている。

(中村)メンタルも含めて子供たちをケアしていく必要はいつもよりあるのではないか。教育現場にしっかりと落とし込んで、きめ細かい指導を来年度も引き続き行ってもらいたい。

〇 中村一夫の「一般質問」

 今定例会での中村一夫の「一般質問」は次のとおりです。市議会ホームページからは「動画」が
配信されていますので、是非ご覧下さい。
1. 新型コロナウイルスワクチン接種について。
2. 環境政策について。
3. テレワークについて。
4. 仲良しプラザについて。

No.225 令和3年第1回定例会での「一般質問」です

今定例会の「一般質問」は3月16日(火)から3月18日(木)までの三日間行われます。私
の「一般質問」は、3月16日(火)の4番目です。私の質問項目と要旨は以下のとおりです。市議会ホームページからLIVE、録画で配信しますので、是非ご覧下さい。

一. 新型コロナウィルスウイルスワクチン接種に関して

二. 環境政策について

・ 本市環境施策の取り組みについてうかがう?
・ 2 050年カーボンニュートラルを国が示した。本市の考え方はCO2削
減の実態は?
・ 市としてのゼロカーボンシティ宣言を提案する?
・ 「やまとエコアクション21」に参加している事業者は現在10。うち、民間の事業者はわずかに4社。普及が進まない理由をうかがう?
・ 環境への取り組みを行っている市内事業者が独自の環境への取り組みを行っていることを市が認定するような制度の創設など、環境への取り組みを実施している企業を市がアピールすることによって、環境対策に取り組む企業活動を促進できないか?

三. テレワークについて

・ 本市のテレワークの実態をうかがう?

・ テレワークできる環境を整備するべきと考えているが、市の考えをうかがう?
・ テレワークのためのサードプレイスやサテライトオフィスを商店街活性化の新たな施策として提案する?

四. 仲良しプラザについて

・ 地元野菜、オーガニック野菜の直売所を設置できないか?
・ 大和市特産品全てを取り揃えたコーナーを設置できないか?
・ 大和シルフィードグッズ、横浜マリノスグッズなどの販売所を設置できないか?