作成者別アーカイブ: yoshioka

No.197 「大和主義!!~すべては大和とその市民のために〜」

〇新しい年になりました。

令和2年のスタートです! !昨年は、平成から令和への御代がわり。そして、大和市は市制60周年を迎えました。4月には市議会議員選挙があり、私も三期目の議席をお預かりさせていただきました。初心と市民の皆様への感謝を忘れずにさらに頑張ってまいります。市政について、また私の政治活動についてもお気づきのことがございましたら何でも結構です、ご指摘下さい。これからも「大和とその市民のために」精一杯頑張ってまいります。
○中村一夫の政策目標。
中村一夫は以下の政策目標を実現できるように今年も尽力いたします。

1. 困っている人に寄り添う政治。
政治は「困っている人」のためにあります。大和市に暮らして暮らしにくいと感じる方、困っている方々に寄り添い、一緒に解決の道を考えてまいります。

2. 安全・安心なまちづくり。
住みたいまち、暮らしたいまちは何といっても、安全で安心なまちではないでしょうか。中村一夫は災害に強いまち、犯罪の無いまちを目指し、市行政はもとより、警察等の関係機関とも協力しながら、安全で安心なまちづくりを推進していきます。

3. 教育。
議席をお預かりしてから、ずっと取り組んできた大和の教育問題。おかげさまで、学力向上の問題も大分改善されてきました。あともう一息で、「全国学力・学習状況調査」の成績も教育委員会の目標に達します、これからも大和の子どもたちが確かな学力を身につけられるように議会を通じて応援していきます。

4. 子育て支援。
我が国にとって最重要な課題はなんといっても「少子化問題」です。大和市のような基礎自治体としては、子どもを産み育てやすい環境を整備することによって、「少子化問題」に対策しています。妊娠を考えたときから出産・子育て期と「切れ目の無い」子育て支援を推進している大和市ですが、市民の皆様のご意見をしっかりと受け止めながら、「子育てしやすいまち大和」をさらに推進していきます。私自身、中一と0 歳の子どもの父親です。「子育て世代の悩み」は共有できていると思います。中村一夫は、お父さんお母さんを応援し、子育て支援政策を推進してまいります。

5.地域経済の活性化。
大和市の財源を確保する上でも、賑わいのあるまちを作る上でも、地域経済の活性化は重要です。中村一夫は、平成24年に大和市議会で初となる議員提案による経済政策条例「大和市商業振興条例」を自ら起草して成立させました。この条例に基づく「大和市商業戦略計画」も昨年2期目に入りました。その他、企業誘致や起業家支援も積極的に行い、地域経済の活性化を進めてまいります。

5.議会改革。
選挙の度ごとに低下する市議会議員選挙の投票率。本来もっとも有権者に近いはずの市議会議員選挙に有権者の関心が高まらないのは、ひとえに議会・議員の責任であります。民主主義の根本は「治者と被治者の自同性」にあります。有権者の方々が「自らの代わりに市政を決めている」と実感できるような市議会となるように、引き続き議会改革を推進していきます。

〇ご意見をお聞かせ下さい。

市民の皆様の市政に対する率直なご意見をいつでもお待ちしています。今回は、下記に簡単なアンケートを用意しました。是非、率直なご意見をお寄せいただければありがたいです。私が「駅頭活動」する際には近くに「回収ボックス」を置きますので、そちらに入れていただけると有り難いです。よろしくお願いします。

(1) 大和市は暮らしやすいですか?

はい        いいえ

(2)「はい」と回答された方にお聞きします。理由をご記入下さい。
(3)「いいえ」と回答された方にお聞きします。何でもお書き下さい。
・大和が暮らしにくいと思う理由。

・ もっとこうなったら良いと思うこと。

(4)大和市政について、何でもご自由にお書き下さい。

(5)中村一夫の「市政報告会」などの連絡を個人的にご希望の方は、お名前とご連絡先をご記入下さい(個人情報厳守)。

No.196 平成31年、令和元年の中村一夫の議会報告

〇平成31年第1回定例会より

平成31年2月15日から3月13日まで27日の会期で平成31年第1回定例会を開催しました。この定例会は、平成最後の定例会であり、また平成23年に議席をお預かりした今任期最後の定例会となります。私は3月6日に登壇し(1)大和駅周辺の活性化について。(2)公共工事について。(3)教科書採択について。(4)放課後児童クラブについて。(5)大和ゆとりの森について。の5点を質問しました。放課後児童クラブについては、風邪等の予防のための環境整備として、クラブに加湿器の導入を提案しました。担当のこども部長からは「各児童クラブの居室の状況に応じて検討していく。今後も衛生及び安全の確保に配慮しつつ、児童が心身ともに健やかに生活できる保育環境の整備に努めていく」といった答弁がありました。→必要とするクラブから順次加湿器の導入が始まります。

〇令和元年第1回臨時会より

元号が令和と改まり、私も3期目の議席をお預かりさせていただけることとなりました。令和元年5月9日、臨時会が開催され、議会内の今年度の役職等が決まりました。私は、昨年、一昨年に続いて今年度も基地対策特別委員会の委員長を拝命いたしました。

私のこれまでの委員長任期中に大和市民長年の悲願でもあった米空母艦載機の岩国基地への移駐を実現させることができました。航空機の騒音は格段に改善されたと思います。ただ、今後の厚木基地の運用についてはまだ不確定なこともあり、引き続き議会における基地政策の責任者として尽力してまいります。

今年も基地対策協議会の委員も務めることとなり(第2部会長)、会長(市長)とともに8月19日には防衛省、外務省、総務省と回って、政府高官に対し厚木基地に関わる問題について要請・要望を行ってきました。

〇令和元年第2回定例会より

令和となって最初の定例会が令和元年6月3日から6月27日までの25日間の会期で開催されました。今回の私の一般質問は6月20日に行い(1)健康都市大学について。(2)聖火リレーについて。(3)「こども食堂」について。(4)起業家支援について。(5)公共工事について。の5点を質問しました。
「こども食堂」については、北部・中部地域にやや偏っている「こども食堂」を是非南部地域でも開設して欲しいと要望いたしました。担当のこども部長からは、「今後南部地域での開設についても、運営団体募集など必要な調整を進めていきたい」という前向きな答弁がありました。→現在実現に向けて進んでいるとのことです。

〇令和元年第3回定例会より

8月28日から9月25日までの29日間の会期で、令和元年第3回定例会が開催されました。私は9月18日に登壇し、(1)南部地区にかかわって、(2)厚木基地について。(3)ゲーム(スマホ)依存症について。(4)歩きスマホについて。(5)放課後児童クラブについて。の5点を質問しました。
「厚木基地について」では、近年毎年のように発生する自然災害に備えて、厚木基地の海上自衛隊との災害時協定を締結することを提案いたしました。市長からは「今後いつ発生するかわからない大規模災害に備え、厚木基地が本市に隣接しているという特徴に鑑み、米海軍や海上自衛隊と実効性のある連携、協力について、協定締結も含め、引き続きさまざまな側面から検討していく」という大変前向きな答弁がありました。これまでの市の姿勢からは一歩進んだ答弁であり期待したいと思います。

〇令和元年第4回定例会より

令和元年最後の定例会が、11月26日から12月20日まで、25日間の会期で開催されました。私は12月13日に(1)子ども議会から。(2)市営住宅について。(3)防災について。(4)放課後児童クラブについて。の4点について質問しました。(1)の「子ども議会から」では、11月10日に開催された「子ども議会」で子ども議員からも質問があった「ストリートピアノについて」と、「ごみ箱の設置について」を取り上げました。
「ごみ箱の設置について」では、駅周辺のごみの散乱を防ぐために、ごみ箱の設置についてと、AI、ロボット技術を活用した「ごみ箱ロボット」の研究開発について提案しました。「ごみ箱ロボット」については、市民経済部長より、「大和ロボット共同研究協議会、大和商工会議所との連携を図りながら調査研究を進めていく」との前向きな答弁がありました。

※上記の内容は、市議会のホームページからもご覧になれます(スマホでも見れます)の
で、是非ご覧下さい。これからも市民の皆様の「声」が生きる大和市政となるように尽力してまいります。

No.195 12月定例会が始まります。

〇12月定例会が始まります

令和元年最後の定例会が11月26日(水)から12月20日(金)まで、25日間の会期で開催されます。会議の日程は以下のとおりです。どなたでも傍聴できますので、是非市役所5階の市議会事務局までお越し下さい。なお、本会議については、市議会ホームページからLIVEと録画で配信されますのでご利用下さい。

11月26日(火) 本会議           9時から  議案の上程
11月28日(木) 環境建設常任委員会     〃    付託案件の審議
11月29日(金) 文教市民経済常任委員会   〃      〃(中村所属の委員会)
12月2日(月) 厚生常任委員会        〃      〃
12月3日(火) 総務常任委員会        〃      〃
12月4日(水) 基地対策特別委員会      〃      〃(中村委員長)
12月12日(木) 議会運営委員会        〃
12月13日(金) 一般質問           〃     中村登壇
12月16日(月) 一般質問            〃
12月17日(火) 一般質問           〃
12月18日(水) 議会運営委員会        〃
12月20日(金) 本会議            〃    議案の採決

〇中村一夫の「一般質問」について

平成23年に議席をお預かりして以来、毎回の定例会で欠かさず「一般質問」を行い、市政を質し、政策提案してまいりました。今回も私自身35回目となる「一般質問」を行います。私の登壇予定は、12月13日(金)の2番目。午前9時40分ぐらいです。質問は以下の項目を予定しています。ご都合がよければ是非市役所5階の市議会までお越し下さい。どなたでも傍聴いただけます。なお、私の「一般質問」についても市議会ホームページからLIVEと録画で配信されています。お手持ちのスマホ、タブレットからもご視聴いただけますので是非ご覧下さい。
※ 登壇時間、質問内容は都合により変更する場合があります。当日の会議の進捗状況などは議会事務局(260-5503)までお問い合わせ下さい。

一. こども議会から

11月10日(日)。「こども議会」が開催されました。市内各小中学校から選ばれたこども市長、こども議長、こども教育長、こども議員の皆様が市議会の議場を会場に活発に意見を述べられました。今回は、「こども議員」の発言の中から私自身も検討し、また発信してきた課題を取り上げ、あわせて、「こども議員」の発言が市政に反映されるようにも尽力いたします。
(1) ストリートピアノについて
各地で「ストリートピアノ」が設置されています。駅や公共施設などに、だれでも自由に弾けるピアノを置いて、音楽のある空間、音楽を仲介としたコミュニケーションを構築しようという試みです。私もかねがね、ストリートピアノについては関心を持って調べていましたので、こども議員の発言と私の意見をあわせて提案したいと思います。

(2) ごみ箱の設置について
市内の駅周辺はごみが散乱しています。駅周辺の美化についてはこれまで何度も議会で指摘し、改善を求めてまいりました。以前に比べてだいぶきれいになりましたが、まだ改善の余地は多くあります。こども議員の提案は、「ごみ箱を設置する」というものです。私も駅へのごみ箱設置については、何度も市に求めてまいりましたが、安全面や家庭ごみが持ち込まれることへの懸念などを理由として、市はごみ箱の設置には消極的です。しかし、今回複数のこども議員が駅周辺のごみを問題としており、対策としてのごみ箱の設置を求めているということは、多くの市民の「声」だと思います。再度、一般質問で取り上げ、市行政の再考を求めてまいります。

二. 市営住宅について

市営住宅の申し込みについては、家族と単身者とで申込資格(基準)が異なり、単身者にとっては市営住宅入居のハードルが高いのが現状です。「おひとりさま」といわれ、単身者が増える中、市営住宅入居の資格について見直すことを提案します。あわせて、市営住宅の不足を補い、かつ空き家の対策として、空き家や空室となっている家屋、アパート、マンション等を市営住宅の「ように」活用できないか提案します。

三. 防災について

全国で毎年発生している水害。大和市も境川、引地川と二本の2級河川が流れています。特に、引地川は水源地も市内にあり、県道45 号(中原街道)以北は市が管理しています。水害を未然に防ぐために、河川管理の現状を質し、対策を求めます。

四. 放課後児童クラブについて

本市は、19の市立小学校があり、すべての小学校区に放課後児童クラブが整備されています。現在は放課後だけでなく、土曜日や夏休みなどの長期休業中にも開所されていますが、日曜・祝祭日には開所されていません。おそらく、日曜、祝祭日は保護者の仕事が「休みだろう」ということで開所されていないと思いますが、日曜、祝祭日だからといって必ずしも仕事が休みというわけではありません。特にサービス業の方は日曜、祝祭日の方が忙しく、その度に子どもの安全な居場所について苦慮されているということです。今回、日曜、祝祭日にも放課後児童クラブを開所することについての市の考えを確認し、市民の「声」を届け、実現に向けての私からの提案を行います。