作成者別アーカイブ: yoshioka

No.167 平成29年度一般会計決算について。

平成29年度一般会計決算について。

★歳入について。
歳入総額は、75,872,194千円となりました。前年度と比較して、1,299,545千円(1.7%)増となり、収入率は97.2%となっています。主な内訳は下記のとおりです。

  • 市税 
    市民税の減少に加え、健康志向の高まりによりたばこ税が減少しています。前年度と比較して136,544千円(0.4%)減の36,040,226千円となっています。
  • 地方交付税 
    基準財政需要額の増加額以上に、基準財政収入額が増加したため。交付税額が減少しています。前年度と比較して、240,577千円(19.7%)減の983,168千円となっています。
  • 財産収入 
    普通財産(土地・建物)の売却により、前年度と比較して303,954千円(450.2%)増の371,462千円となりました。
  • 地方消費税交付金 
    引き続き経済状態が良いことから、前年度と比較して147,358千円(4.1%)増の3,725,377千円となっています。
  • 市債 
    中央林間周辺まちづくり整備の進捗などにより市債発行が増加し、前年度と比較して、901,200千円(21.0%)増の5,183,100千円となっています。

★歳出について。
歳出総額は、73,238,532千円で、前年度と比較して、1,672,862千円(2.3%)増となりました。執行率は、94.3%です。主な内訳は下記のとおりです。

  • 総務費
    芸術文化ホール施設整備事業や大和駅東側第4地区公益施設開設準備事業などの減少により、前年度と比較して623,436千円(7.3%)減の7,945,968千円となりました。
  • 民生費 
    保育所等施設型給付事業や後期高齢者医療広域連合負担金事務などの増加により、前年度と比較して980,406千円(2.9%)増の34,274,644千円となりました。
  • 衛生費 
    消却灰等有効利用事業や病院事業会計負担金などの増加により、前年度比89,449千円(1.3%)増の6,849,425千円となりました。
  • 土木費 
    中央林間駅周辺まちづくり事業や自転車利用環境推進事業などの増加により、前年度と比較して594,543千円(7.6%)増の8,458,301千円となりました。
  • 教育費 
    小学校防音設備整備事業や図書館管理運営事業などの増加により、前年と比較して331,975千円(4.5%)増の7,659,618千円となりました。
  • 公債費 
    前年度と比較して、328,075千円(10.2%)増の3,550,958千円となりました。

★性質別歳出の状況について。
人件費、扶助費、公債費といった、「どうしても必要」な経費、いわゆる「義務的経費」の一般会計に占める割合は51.7%であり、前年度に比較して3.5%の増加となっています。中でも扶助費が占める割合は30.8%であり、前年度比3.8%の増加となっています。扶助費は、高齢者施策や子育て施策といった、重要な市民サービスに関わるものであることから、今後とも増加が見込まれています。市としては、これら重要な施策を今後とも責任を持って行っていくためにも、歳入の確保と拡大について、より積極的な施策展開が必要といえます。

平成29年度特別会計決算・大和市病院事業会計決算について。

本市は、一般会計の他、国民健康保険事業、下水道事業、渋谷土地区画整理事業、介護保険事業、後期高齢者医療事業の5事業の特別会計を持っています。特別会計全体の歳入決算は前年度比534,538千円(1.0%)増の53,780,017千円となっており、歳出合計は前年度比735,207千円(1.4%)増の52,156,558千円となっています。大和市病院事業会計は、長く赤字会計でありましたが、病院関係者のご努力の甲斐あって、平成23年度に黒字に転じておりましたが、昨年(約2億円の赤字)に続き今年も赤字決算(約6億円の赤字)となりました。

決算審査の流れについて。

8月28日、本会議に上程。8月30日、環境建設常任委員会。8月31日、文教市民経済常任委員会。
9月3日、厚生常任委員会。9月4日、総務常任委員会。9月25日、本会議で採決。

大和市基地対策協議会の国への要望活動について。

厚木基地を市域に持つ本市としては、基地に起因する諸課題の解決のために、大和市長を会長とする大和市基地対策協議会を組織しています。毎年、国に対して要望活動を実施していますが、本年も8月24日(金)にアメリカ大使館(会長のみ)、外務省、防衛省、総務省と回って「要望書」を手渡すとともに、口頭でも直接要望を行ってまいりました。要望事項は、航空機騒音について、航空機の安全運行について、市民負担の軽減について、住宅防音工事や基地交付金の見直しなど基地周辺対策事業の充実など多岐にわたっています。私は、大和市議会基地対策特別委員長として大和市基地対策協議会の第1部会長を務めております。今年も協議会のメンバーとして同行し、23万大和市民を代表して、しっかりと要望してまいりました。「要望書」の回答は、今月30日までに文書でいただくことになっています。

No.166 成熟した「議会制民主主義」を目指して。

成熟した「議会制民主主義」を目指して。

 今年は、「維新150年」です。維新が成ったとき、明治新政府の基本的な方針は「五箇条の御誓文」として示されました。その五箇条は次のようなことばで始まっています。「広く会議を興し、万機公論に決すべし」。つまり、「すべてのことは、皆で話し合って決めていきましょう」ということです。ほんのこの前まで、「お上」の命令で「すべてのことを決めていた」ことを考えれば、この一条は本当に驚くべき「大改革」でした。ここに、我が国は「民主国家」としての道を歩き始めたのです。今や国に衆議院・参議院から成る「国会」があり、都道府県、市町村にもそれぞれ「議会」があり、形の上からは「万機公論に決すべし」は実現しているといえます。しかし、会議によって万機を決する「議会制民主主義」は本当にその理想を達成しているといえるでしょうか。結論からいえば、我が国の「議会制民主主義」は、いまだ十分に「成熟」しているとはいえない状態だと思います。私も、大和市議会に議席をいただき、「成熟した議会制民主主義」の実現のために尽力してまいりましたが、その「志」は道半ばです。だからこそ、今後とも「成熟した議会制民主主義」を目指して尽力していかなければならないと決意をさらに強くしているところであります。

「議会改革」の必要性。

 「成熟した議会制民主主義」を実現するためには、「議会改革」が必要不可欠であります。有権者としての「市民」には「議会」によって自らの「意思」や「政治的な考え」が反映されているという「実感」が必要です。「議会」が市民を「代弁」「代表」しているという「実感」が無くなってしまうと、「政治」に対する無関心に拍車がかかってしまいます。それは「投票率」の低下という「目に見える形」で顕われてきます。大和市では、もう何年も市議会議員選挙の投票率が下がり続け、すでに50%を切っている状況です。私は、これ以上「投票率」が下がっていってしまったら、その選挙で選ばれた議員は、本当に市民の代表といえるのか、まさに「民主主義」の危機的状況であると深く憂慮しています。「明治維新」以来、多くの人々が文字通り「命がけ」で勝ち取ってきた「民主主義」をこれからもしっかり守っていくためには「議会改革」がどうしても必要なのです。

「議会改革」一定の成果。

 以上、少し厳しい話を書いてまいりましたが、大和市議会もこれまで「議会改革」をやってこなかったわけではありません。私が議席をお預かりしたこの8年間だけみてみても、いくつか実際的な「改革」を実行してまいりました。以下に特に私が関わってきた幾つかの「改革」の実例をお示しします。

  1. 大和市議会基本条例を制定しました。
    北海道栗山町で最初に制定された「議会基本条例」は、「議会改革」の一つの成果物として全国各地の地方議会が制定してきました。大和市議会でも平成25年12月定例会で制定し、翌平成26年1月1日から施行されています。この条例は、大和市議会の「議会改革」の方向性を示しています。私は、議会基本条例制定の際、議会基本条例検討協議会副会長として条例案をまとめました。
  2. 大和市議会で初めての議員提案の経済政策条例を制定しました。
    平成24年12月定例会で、大和市議会で初めての議員提案による経済政策条例「大和市商業振興条例」を制定しました。本来、自治体の「法」である条例を制定することは議会の役割りです。しかしながら、これまで(大和市議会だけでなく)全国の地方議会は、いわゆる「自主立法」に消極的でした。大和市議会でもこの条例が出来るまで、議員提案の条例は一つしかなく、また、このような経済政策条例は一つもありませんでした。この条例は、行政(市長)に一定の作為を求めたことに大きな特徴があります。この条例と条例策定に至る経緯は、大和市議会の議員提案条例制定の一つの「モデル」となりました。議会・議員が自ら政策条例を制定できることを実際に示したことは、「議会改革」の目に見える形となりました。
  3. 議会改革実行委員長としてまとめてきたこと。

    • 陳情者、請願者の委員会での意見陳述の実現。
    • 本会議のインターネット中継をスマートホンで視聴できるように改善。
    • 中央大学とのパートナーシップ協定締結の実現。
    • 各種団体と議会(委員会)との「意見交換会」の実現。
  4. 「全会一致」原則の見直し。

以上、いくつかの「改革」の実際を挙げてみましたが、この8年間の私の「改革」の取り組みの中で一番の「改革」は、「全会一致」原則を見直したことだと思います。これまでも「全会一致」原則に阻まれて「改革」できなかったことは幾つもありました。今後は、一定の賛成を得られれば、「改革」を進めていくことが可能となります。もっとも、その前にしっかりと議論していくことが、議論を尽してくことが大前提です。その議論していく仕組みを「改革」していくことも大きなポイントです。

「議会改革」は終わらない(焦らず、急げ! !)

「議会改革」は私の最も重要な政策課題の一つです。とはいえ、議会が合議制である以上一人で出来るわけではありません。自分一人で突っ走っていけば、議会の「合意」を得られません。時には「我慢」も必要です。それでも諦めずにやっていきます。それが、「大和と大和市民のため」になる政治であると信ずるからです。私の「議会改革」に関するモットーは「焦らず、急げ! !」です。これからも着実に一歩づつ「改革」を進めてまいります。

8月の「市政報告&意見交換会」のお知らせ。

毎月恒例の「市政報告&意見交換会」を今月は下記の日程で行います。是非お越し下さい!!

日時 8月25日(土)11時から13時まで。
場所 渋谷学習センター(イコーザ) 306(和室)
高座渋谷駅西口下車すぐ。

※途中からでも途中まででもOKです。お気軽にお立ち寄り下さい。

No.165 「やまと市議会だより」が発行されました。

「やまと市議会だより」が発行されました。

 「やまと市議会だより」8月1日号が発行されました。内容は6月定例会の概要報告です。すでにお気づきのことと思いますが、今年5月1日号より紙面が横書きになりました。以前より読み易くなっていると思いますので、是非ご一読をお願いします。

9月の定例会が始まります。

  平成30年第3回定例会が始まります。8月21日(火)には、定例会を前にした議会運営委員会が開催されます。9月定例会は、毎年昨年度の決算を審査いたします。大和市議会では、決算審査を4つの常任委員会が所管の事業ごとに分割して審査します。私は、決算(予算)委員会を設けて審査するべきと主張しておりますが、残念ながら本市議会においてはまだ実現できておりません。引き続き他の議員に決算(予算)委員会を設置して集中審議することの重要性を訴えてまいります。9月定例会の会議の予定は下記のとおりです。大和市議会では、本会議だけでなく各委員会の会議も傍聴いただけます。決算の審査が実際に行われる委員会は、特に市民の皆様に傍聴をいただきたい会議です。ご都合がよければ、是非、市議会までお越し下さい。よろしくお願いします。

8月28日(火) 午前9時 本会議(議案上程、説明)
30日(木) 環境建設常任委員会
31日(金) 文教市民経済常任委員会
(中村所属委員会)
9月 3日(月) 厚生常任委員会
4日(火) 総務常任委員会
5日(水) 基地対策特別委員会(中村委員長)
13日(木) 議会運営委員会(中村所属委員会)
14日(金) 本会議(一般質問)
18日(火) 本会議(一般質問)
19日(水) 本会議(一般質問)
20日(木) 議会運営委員会(中村所属委員会)
25日(火) 本会議(質疑、討論、採決)

※9月定例会で審査される「請願書」「陳情書」提出の締切は、8月20日(月)の17時です。ご希望の方はお忘れないようにお願いします。手続きでご不明な点がありましたら、議会事務局議事担当(260-5503)にお問い合わせ下さい。
※会議の予定は、変更されることがありますので、あらかじめ議会事務局議事担当までお問い合わせ下さい。
※本会議は、市議会のホームページからLIVEと録画で「動画」をご視聴になれます。スマートフォンからみれますのでご利用下さい。

大和市議会の「決算審査」について。

  大和市の予算執行を市民の立場から審査する「決算議会」は大変重要な定例会です。決算の審査は、予算審査よりも軽くみられることがありますが、私はむしろ決算の審査の方が重要だと思っているくらいです。議会が厳しく決算の審査を行えば、行政は緊張感をもって予算を編成することになりますし、慎重な予算執行が行われることになります。私は議席をお預かりして以来、ずっとそういった姿勢で決算審査に臨んできました。これまでも、決算審査については様々な意見を述べてきましたが、今回は現実の大和市議会における決算審査の方法についてご紹介させていただき、私見を申し述べてみたいと思います。大和市議会の「決算」は、定例会の初日に議案として上程され、市長、関係部長から説明されます。説明が終わると、質疑が求められますが、慣例でここでの質疑は行われず、直ちに各委員会に付託されることとなります。大和市議会には、現在4つの常任委員会があり、それぞれの所管の事業ごとに審査が行われます。委員会の審査は、それぞれ一日づづ、4日間にわたって行われます。決算の審査は、「決算書」のぺージごとに議員から行政執行部への質疑という形で行われていきます。議員(委員)の質疑に対しては主に担当課長が答弁し、必要に応じて部長、教育長、副市長といった幹部職員が対応します。一通り質疑が終わると、議案に対する「反対討論」、「賛成討論」が行われ採決となります。こういった審査を各委員会ごとに行い、定例会最終日を迎えます。定例会最終日には、各委員長から委員会ごとに審査の結果と経過の説明があり、続いて委員長報告に対する質疑が行われます。そして、各会派の代表による「反対討論」、「賛成討論」が行われてから、採決が図られます。
私が大和市議会の「決算審査」で一番問題だと思うことは、各委員会の審査時間が少ないということです。各委員会は一日で審査を終えますが、各委員会は「決算」委員会でないため、決算の議案は、条例改正や陳情書の審査など他の議案と一緒に審議されます。そのため必然的に決算審査にかける時間が短くなっていきます。ちなみに近隣市では、決算(予算)の委員会を別に設置して決算(予算)だけを集中して審査しているところ、またもそうでなくても、決算(予算)審査の定例会では、委員会の会議を複数日にして対応しているところが多くあります。ここは、是非改善するべきだと思います。また、審査の方法も各議員(委員)からの質疑だけではなく、委員間での「討議」を行って議会(委員会)としての「意思形成」を行うことが必要だと考えています。現在、「質疑」の後に行われている「討論」は、一方的な「反対意見」「賛成意見」であり、議論を「深める」といった種類の「討議」ではありません。最近では、議員同志のより積極的な討議が必要であるという認識で「議員間討議」を行おうという試みされてきていますが、残念ながら大和市議会では行われていません。

「全会一致」原則の見直しについて。

 「決算(予算)審査」の「クオリティを上げていこう」ということは、私がずっと主張してき
たことです。ところが、議会審査の「やり方」を変えるということは、並大抵のことではありません。大和市議会では、こういったことは各会派の「代表者会」や「議会運営委員会」で審議されてきましたが、いずれも「全会一致」を原則としていたため、一向に改革を進めることができませんでした。私は、今任期中、議会改革実行委員長を2度努めて、「全会一致」の原則を見直しました。もちろん、「数」の力で押し切るといった強引な議事の進め方はいけません。それでも議論を尽しても「全会一致」しないならば、相応しいところで、「決」を採る必要もあると思います。今後、必要に応じて「決」を採ることも可能になりましたから、こういった「改革」も徐々に進んでいくことと期待しています。これからも「市民のための」議会改革を推進してまいります。

(大和市議会議員中村一夫政策法務研究所)
〒242-0025大和市代官1-15-2-506     (本人直通)090-3904-081