カテゴリー別アーカイブ: 大和主義!!リポート

No.154 平成29年12月 第4回定例会「一般質問」(後半)

平成29年11月27日から12月21日まで、平成29年12月大和市議会第4回定例会が開催されました。私も12月18日に大項目で6点「一般質問」を行いました。今号では、大項目3から6について、質問と答弁の要旨をご報告します。すでに全体は市議会のホームページからもご視聴いただけますので、是非ご覧下さい。
(前号から続く)

三.放課後児童クラブについて。

(質問)
本市の「放課後児童クラブ」事業について、現在の事業の役割と将来の方向性についてうかがう?

(答弁・市長)
本事業は、事業開始以来、放課後児童の健全育成を目的とし、放課後に保護者が就労等により家庭にいない児童に対し、適切な遊びや生活の場を提供してきた。さらに、平成27年度より施行された国の放課後児童クラブ運営指針では、児童クラブの役割として、子どもの利益を考慮して育成支援をすることや、保護者と連携して育成支援を行うとともに、その家庭の子育てを支援することが明記されている。本市では、この運営指針に基づいて、日常的に保護者との情情報共有を図るとともに、児童、保護者とのかかわり方をテーマとした職員研修の実施や、支援が必要な児童や家庭について、関係機関を交えたケース会議を開催するなど、児童、保護者に寄り添った育成支援に努めている。今後とも児童が安心して過ごせる生活の場としてふさわしい環境を整え、安全面に配慮しながら、児童の健全育成に務めることにより、保護者が安心して働けるよう、児童保護者への支援を行っていく。

(質問)
本市の放課後児童クラブの開設場所及び運営主体についてどう考えるか、(特定の)民営児童クラブに業務委託している理由についてうかがう?

(答弁・こども部長)
全ての児童クラブを学校敷地内に開設することは、児童の安全や保護者の安心を考慮すれば理想的なあり方であると考えているが、学校によっては、敷地内の開設が物理的に困難なところもあり、当面は学校敷地内のクラブと敷地外の民営クラブの併用により運用していきたいと考えている。また、公営児童クラブのない西鶴間、南林間の2小学校区については、平成27年度の子ども・子育て支援新制度開始以前より事業を委託しており、現在は料金や入会条件等につても公営と同等の運営が可能な2つの民営クラブに対して継続して委託しているものである。今後も教育委員会等と調整を図りながら、小学校敷地内の開設を基本としつつ、各児童クラブの入会児童数の推移や民営児童クラブの運営状況などを総合的に勘案し、開設場所や運営主体の検討をしていく。

(質問)
災害時の避難場所などについてうかがう?

(答弁・こども部長)
災害時の対応につては、今年3月に放課後児童クラブ非常時災害対策マニュアルを策定し、各児童クラブの避難場所を定めている。このマニュアルでは、各小学校の校庭、体育館を避難場所としているほか、浸水想定区域の児童クラブについては、大雨等の水害時の避難場所を校舎の2階の教室とするなど、児童の安全に配慮している。現在、児童クラブでこのマニュアルに基づき、立地条件や建物構造等を加味し、避難経路や学校との連絡方法を定めているが、今後も随時内容を検証し、緊急時に適切な対応ができるように努めていく。

(質問)
学校に対して、児童クラブにもっと協力するように依頼して欲しいがいかが?

(答弁・教育部長)
学校と児童クラブが日常的に連絡を取り合い、情報を共有するなど、密接に協力体制を構築することが大切と考えている。特に災害時に備えるためには、子どもたちの安全を第一に考えた機を逸することのない連携が極めて重要であり、教職員もマニュアルを理解した上で対応していく必要がある。教育委員会としても、学校に対し災害時における役割について周知し、放課後児童クラブとのよりよい連携が図れるように努めていく。

※意見・要望。

  • 「子ども・子育て支援新制度」の趣旨をよく反映させて、保護者の「就労支援」のみならず、「子育て支援」という面も強化していっていただきたい。
  • 学校と児童クラブとの協力関係は、平時の協力関係があっての非常時のさらなる協力関係である。通常時から学校とクラブのより積極的な協力関係の構築をお願いする。

四.「トリプルP」について。

(質問)
世界的に評価されている「前向き子育てプログラム」である「トリプルP」について、市の見解をうかがう?

(答弁・こども部長)
トリプルPは、世界25カ国で30年以上にわたり実施され、子どもの問題行動に対する予防効果が実証されていることなど、承知している。

(質問)
トリプルPの本市への導入について、まずは市民向けの講座を開催できないか?

(答弁・こども部長)
児童虐待防止にもつながる親育ち支援プログラムは、トリプルP以外にも複数実践されていて、本市でも母と子の身体的接触を利用した子育て講座を実施してきた。親育ち支援プログラムは、対象年齢や費用など、それぞれに特徴があるので、今後これらのプムグラムを調査研究し活用していきたいと考えている。

(質問)
トリプルPの本市への導入について、まずは市民向けの講座を開催できないか?

(答弁・こども部長)
本市では、市独自の職員研修に加えて、県主催の研修へ職員を派遣しているが、さらなる保育の質の向上を目指す中で研修機会の一つとして参考にさせていただきたい。

※意見・要望。

  • 三浦市の取り組みが参考になると思う。まずは、三浦市で実施されているような一般向けのセミナーを開催してはどうか?検討を願う。
  • 世界的に評価されているプログラムなのだから、さらに研究されて、本市でも取り入れていっていただきたい。

五.中学校夜間学級について。

(質問)
中学校夜間学級(夜間中学)について、開設に向けて近隣市との協力はあるか?県央地域での開設に向けて本市がリーダーシップを発揮するべきと思うが考えをうかがう?

(答弁・教育長)
さまざまな事情で義務教育を受けられなかった方が中学校夜間学級等で学習したり、体験したりすることは、社会で自立する基礎を培う上でも大切であり、その機会の確保が重要であると認識している。教育委員会では、神奈川県教育委員会が主催する中学校夜間学級等連絡協議会に参加し、情報交換を行っているが、現時点では県内に設置に向けた具体的な動きはなく、また、特定の市が中心になって設置を進めていくという議論も行われていない状況にある。今後も県教育委員会や他の自治体の動向及び県が実施する中学校夜間学級に関するアンケート調査の結果を注視しながら、引き続き研究していく。

※意見・要望。

  • もっと積極的に検討して欲しい。
  • 大和市だけで難しいのであれば。是非他市にも呼びかけていただきたい。
  • 「県でやっている」では、甚だ不十分である。
  • アンケート調査についても「ニーズを掘り起こす」ぐらいの気概でやっていただきたい。

六.マラソン大会について。

(質問)
全国各地で開催されている「マラソン大会」は、地域の活性化やシティーセールスにもなる。本市でフルマラソンの大会を開催できないか?

(答弁・文化スポーツ部長)
大会の開催にあたっては、協議を行う選手や沿道で応援される方々の安全対策を講じることや、運営スタッフの確保や近隣の方々のご理解をいただくことなど、さまざまな課題がある。また、周辺道路の交通止めや信号機の調整など、大規模な交通規制を行う必要があることから、現時点では、フルマラソンを開催することは難しいと考えている。

※意見・要望。

  • いろいろ難しいことは最初から分かっている。
  • それでも全国各地で開催されているのだから、本市でもできないことはないはず。
  • フルマラソン大会の開催には、多くの課題があるが多くのメリットもある。だから、どうやったらできるかを是非前向きに考えて欲しい。

平成30年3月 第1回定例会が始まります! !

平成30年3月大和市議会第1回定例会が、2月22日(木)から3月22日(木)まで、29日の会期で開催されます。今定例会では、大和市の新年度予算が審議されます。市民の皆様からお預かりしている大切な税金をどのように使い、どのような事業が行われる予定なのかを「議会」というオープンな場所で慎重に審議され決めていきます。皆様の「明日」の生活に直結していることですので、是非、議会での審議にご注目下さい。会議の予定は下記の通りです。大和市議会では本会議だけでなく委員会も傍聴をいただけます。ご都合がよれば是非傍聴にお越し下さい。事前の予約は不要ですので、直接市役所5階の議会事務局までお越し下さい。皆様のお越しをお待ちしています。

2月22日(木) 午前9時 本会議 議案の上程。
2月26日(月) 午前9時 環境建設常任委員会 付託案件の審査。
2月27日(火) 午前9時 文教市民経済常任委員会 付託案件の審査。
2月28日(水) 午前9時 厚生常任委員会 付託案件の審査。
3月1日(木) 午前9時 総務常任委員会 付託案件の審査。
3月2日(金) 午前9時 基地対策特別委員会 付託案件の審査。
3月12日(月) 午前9時 議会運営委員会  
3月13日(火) 午前9時 本会議(一般質問)  
3月14日(水) 午前9時 本会議(一般質問)  
3月15日(木) 午前9時 本会議(一般質問)  
3月19日(月) 午前9時 議会運営委員会  
3月22日(木) 午前9時 委員長報告。採決。  

※中村一夫所属の委員会

  • 基地対策特別委員会(委員長)
  • 文教市民経済常任委員会(委員)
  • 議会運営委員会(委員)

※本会議は、市議会のホームページからLIVEと録画で配信されています。
 (スマートフォン・タブレットPCからもご視聴になれます。)

「市政報告&意見交換会」のお知らせ。

恒例の「市政報告&意見交換会」を2月24日(土)の午後1時30分から3時30分まで、代官区画整理記念会館(代官中央公園内 神奈中バス「代官2丁目」バス停前)で開催します。3月定例会で審議する平成31年度予算案について、中村一夫所属の文教市民経済常任委員会所管部分を中心に皆様と「意見交換」をさせていただければ幸いです。皆様のお越しをお待ちしています。

No.153 平成29年12月 第4回定例会「一般質問」(前半)

平成29年11月27日から12月21日まで、平成29年12月大和市議会第4回定例会が開催されました。
私も12月18日に大項目で6点「一般質問」を行いました。今号では、大項目1と2について、質問と答弁の要旨をご報告します。後半は次号でご報告いたしますが、すでに全体は市議会のホームページからもご視聴いただけますので、是非ご覧下さい。スマートフォン・タブレットからもご視聴になれます。

一.道路について。

(質問)
本市の道路舗装のコンディションは市民から大変評判が悪い。道路舗装の計画的な修繕と、修繕予算の増額についての考えをうかがう?

(答弁・市長)
本市としては、平成26年度に実施した舗装劣化状況調査と、平成27年度に実施した路面の支持力調査の結果をもとに、舗装修繕計画を策定した。この計画を踏まえて、平成27年度は1億2700万円であった道路修繕にかかる予算を平成28年度には3億5600万円と3倍程度増額し、安全かつ良好な道路環境を積極的に整えているところである。今後とも引き続き定期的な調査点検と計画の見直しを行い、利用者が快適にお使いいただけるよう努めていく。

(質問)
市道の舗装率と、舗装劣化の進行についての認識をうかがう?

(答弁・都市施設部長)
市道の舗装率は、平成29年3月末現在88.04%である。舗装劣化の進行については、平成26年度に実施した舗装劣化状況調査により把握しており、舗装劣化や損傷が著しい路線を対象に計画的な修繕により、適切な道路維持管理を行っているところである。

※意見・要望。

  • 道路予算は、増額しているようだが、本市市道の状況をみれば、それでも十分とはいえないと思う。ぜひ、必要にして十分な予算額を整えて、議会に提案いただきたい
  • パッチングによる道路補修はあくまでも応急の対策である。全面舗装による市道の整備、修繕を行って欲しい。
  • 狭い道路でもご高齢の方や障がいをお持ちの方が使われる道もある。狭い道路も含めて、さらに舗装率を上げていっていただきたい。

二.防災について。

(1)「蓄光」について。

(質問)
地震や落雷などの災害による停電に備えて、「蓄光」の技術を活用してはいかがか?

(答弁・市長)
「蓄光」の活用は効果的であると認識している。広域避難場所の案内板等、夜間や停電時において高い視認性が必要となる設備の更新時などに蓄光材の導入を検討していく。

※意見・要望。

  • 必要性の高いところから採用していただきたい。

(2)自衛官OBの雇用について。

(質問)
自衛官OBを危機管理部門の職員として雇用し、そのノウハウや人脈を活用してはいかがか?自衛官OBは、危機管理の高い能力を訓練された「即戦力」となる人材である。そういった市民にとって有用な人材を積極的に活用しようとしないのは、本市にとっても市民にとっても大変もったいないことだと思うが、お考えをうかがう?基地のあるまちだからこそ、市民にとって大きなメリットを伴う自衛官OBを積極的に活用してはと思うのだが、いかがか?

(答弁・市長)
ご指摘の防災については、大規模災害の発生や多発する異常気象に備えることは、本市最重要施策の一つとして捉えている。危機管理部門に消防吏員を配置したり、毎年、内閣府防災担当に職員を研修、派遣したりするなど、まずはその人材育成に積極的に取り組んでいるところである。このような人材育成は継続して取り組んでいくが、防災を初め、さまざまな分野に必要となる人材の確保については、多様であり、状況の変化に応じて適切な方法を見極めることが重要であることから、自衛官OBの雇用も含め、引き続き研究していく。

※意見・要望。

  • 実現できるような検討をお願いする。

(3)スタンドパイプ消火資機材につて。

(質問)
スタンドパイプ消火資機材の訓練回数、参加人数と訓練内容についてうかがう?

(答弁・消防長)
平成25年度に配備開始以来、本年11月30日現在で202回の訓練を実施し、2万1668人の方にご参加いただいた。訓練内容については、実際に消火栓に接続した上で、各資機材の取り扱い方法や注意点を学ぶ実戦的な放水訓練を実施している。なお、訓練にあたっては、消防職員、消防団員が統一した指導を行えるようにマニュアルを作成するとともに、ホームページ上に取り扱い説明動画を掲載し、市民へのさらなる周知を図っているところである。

※意見・要望。

  • スタンドパイプ消火資機材を広く配備して知らしめるという最初の目標は達成した。今度はぜひ次の段階に進めていただき、より実戦的な訓練を行われることを提案する。
  • 実戦的な訓練は、自治会、自主防災会防災会、参加される市民の方々にも大きな負担にもなるので、市としても必要な支援を行って欲しい。
  • いつ来てもおかしくないと言われて久しい、首都圏を襲う大地震に備えて、万全の体制を構築されるようにお願いする。

※次号に続く。

No.152 県央地域に「夜間中学校」を! !

県央地域に「夜間中学校」を! !

平成28年12月7日に「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」いわゆる「義務教育機会確保法」が成立し、翌平成29年2月14日に全面施行されました。この法律に基づいて、文部科学大臣が策定した「基本指針」や学校教育法施行規則が改正されています。これらの法令は二つの柱からなっていて、その一つは、義務教育未修了者に対して夜間中学における就学の機会を提供することです。政府は教育の機会を広く提供するために、幼児教育無償化に向けて大きく舵をきり、高等教育の負担軽減や段階的無償化についても推進しようとしています。ところがその一方で、本来義務教育であり、等しく教育機会が開かれているはずの中学校の課程を十分に受けられなかった方がおられるのです。「義務教育機会確保法」が成立し、国や政府の積極的な姿勢もあって、ようやく夜間中学にも新しい時代が到来したと期待されました。ところが、実際には夜間中学の数が全然足りていないのです。神奈川県には、横浜市と川崎市に1校づつあるだけで、本市市民には通える夜間中学はありません。私は、本市市民が通える夜間中学を是非設置するべきと考えています。昨年12月18日に行った「一般質問」で、県央地域に夜間中学を設置することについて、近隣市との連携及び夜間中学設置に向けて本市がリーダーシップを発揮することについて、市の考えを質しました。私の質問に対する教育長答弁の要旨は以下のとおりです。

(答弁・教育長)
さまざまな事情で義務教育を受けられなかった方が中学校夜間学級等で学習したり、体験したりすることは、社会で自立する基礎を培う上でも大切であり、その機会の確保が重要であると認識している。教育委員会では、神奈川県教育委員会が主催する中学校夜間学級等連絡協議会に参加し、情報交換を行っているが、現時点では県内に設置に向けた具体的な動きはなく、また、特定の市が中心になって設置を進めていくという議論も行われていない状況にある。今後も県教育委員会や他の自治体の動向及び県が実施する中学校夜間学級に関するアンケート調査の結果を注視しながら、引き続き研究していく。

残念ながら、本市教育委員会の答弁は決して積極的なものではありませんでした。しかし、夜間中学を必要としている方は、本市にも近隣市にもおられるのです。そういった方々は、幼児教育や高等教育さえ無償化にしていこうという時代にあって、義務教育さえ十分に受けられない状況にいるのです。私は、近隣市とも協力しながら、是非大和市に県央地域最初の「夜間中学」の設置を目指すべく活動してまいります。

今年2 月3日(土)に、大和市で夜間中学を知る上で大いに参考になる「映画会」が行われます。裏面に案内を掲載しましたので、是非多くの方にご来場いただけますようお願いします。「夜間中学」を必要としている方が日本中に、そして大和市にもおられます。私、中村一夫は、憲法で保障された義務教育の機会を「実質的」にも全ての方が等しく享受できるように、これからも頑張ってまいります。

※12月18日の私の「一般質問」は市議会HPから「動画(録画)」をご視聴いただけますので、是非ご覧下さい。

○今月の「市政報告・意見交換会」のお知らせ。

1月27日(土)
13時30分から15時30分まで。ふれあいサロン千本桜(千本桜商店街内)。

大和市代官1-15-2-506
大和市議会議員中村一夫事務所 
090-3904-0813