カテゴリー別アーカイブ: 大和主義!!リポート

No.186 中村一夫の「一般質問」要旨(1)

★「健康都市大学について」。

今年の4月から始まった健康都市大学。本市はこれまでも市民大学を開講してきたが、市民大学の内容をリニューアルして新たにスタートした。「人の健康学部」「まちと社会の健康学部」「市民でつくる健康学部」の三つの学部で構成されている。私が今回特にすばらしいと思っているのは「市民でつくる健康学部」である。この学部は市民が講師になり、市民が生徒になるという市民同士が教え合い、学び合うという画期的なものである。現在の市民講師登録数、講師になられている方について、市民講師を務めてくださっている方の感想、今後の市民講師募集についてうかがう?

(答弁・文化スポーツ部長)
6月19日現在、30歳代から80歳代までの方、男性が44名、女性が28名、合計72名の方にご登録いただいている。最も多い年齢層は、70歳代25名、続いて60歳代が17名となっている。お務めを引退された方を中心に、さまざまなご経歴、お立場の方が市民講師を務めて下さっている。講師の方からは「人前で話すことへのチャレンジは大変だが楽しい」「受講生に満足してもらえるように頑張る」などの声が寄せられている。市民講師は同じ方が何度でも講義可能だが、新たな講師も常時募集しており、周知手段の拡大等も検討中である。

(質問)
受講生の反応、受講生への講師登録の勧誘、実際に受講生から市民講師になられた方の有無についてうかがう?

(答弁・文化スポーツ部長)
受講生からは、同じ目線の市民の方のお話は親近感あり、興味深く拝聴した、知らないことも多く大変勉強になっているなどの感想が寄せられている。受講生に対しても、折にふれ市民講師の募集を案内しているが、すでに市民講師にご応募いただいた方が数名おられる。

(質問)
健康都市大学を受講すると「受講ポイントカード」にスタンプを押してもらえる。いっぱいになると(20ポイント)年度末の閉講式で「修了証」が付与されるという。ただ、カード1枚の方も10枚の方も同じ「修了証」では受講者のモチベーションが上がらないのではないか。何らかの区別を設けてみてはどうか?

(答弁・文化スポーツ部長)
受講生の学習意欲をさらに高めるためにも、「修了証」をどのような内容で授与させて頂くか検討していく。

(意見)
たとえば、枚数に応じて「市民学位」のようなものを授与できるかもしれない。また、健康都市大学の「校章」バッジを(枚数に応じて色を変えて)贈呈してはどうか。受講者がバッジを付けて下されば大学の宣伝にもなる。ご検討を願う。

(質問)
本市は青山学院大学と市議会は中央大学と協定を締結している。協定を締結している大学との連携について、また本市独自の大学とのコラボ企画について市の考えをうかがう?

(答弁・文化スポーツ部長)
昨年度から青山学院大学や関係機関と協議を重ねてきた。それぞれに事情や考えなどあるが、引き続き検討や協議を進める中で、具体的な連携の形を見出していきたいと考えている。

(意見)
健康都市大学の事業はまだ始まったばかりだが、特に「市民でつくる健康学部」の事業は、さほど大きくない予算で、大きな効果のある事業となっていて(講師も受講生も喜んでいる)高く評価している。

※中村一夫も「市民講師」登録いたしました。8/6(火)15時30分から、「街の法律家~行政書士の世界〜」というテーマでお話いたします。是非、聴きに来て下さい。

★聖火リレーについて

(質問)
東京オリンピック・パラリンピックの開催を来年に控え、国内では機運が高まってきた。6月1日には県より聖火リレーの通過市町村についての発表があったが残念ながら本市の名前はなかった。お尋ねする。今回の聖火リレーはどのような行程で行われるのか。聖火リレーの概要についてうかがう?

(答弁・文化スポーツ部長)
神奈川県は43番目の都道府県として、山梨県から聖火を受け取り、初日は箱根町の芦ノ湖から主に東海道を上るルート、二日目は三浦半島から鎌倉市、相模原市を走るルート、三日目は川崎市、最後に横浜市の赤れんが倉庫に向かうルートと、三日間で15自治体をめぐり次の千葉県に聖火を引き継ぐことになっている。

(質問)
ルートの選定方法と経過についてうかがう?

(答弁・文化スポーツ部長)
ルートの選定については、東京2020オリンピック組織委員会が示したルート選定の基本的な考えのもと、各都道府県の聖火リレー実行委員会がルート案を作成し、東京2020オリンピック組織委員会と国際オリンピック委員会が決定したものである。

(質問)
聖火リレーについての考えをうかがう?

(答弁・市長)
本市はこれまでも独自に東京2020オリンピック・パラリンピックの機運醸成のためのさまざまな取り組みを行ってきた。人口23万人を越える本市を聖火が通過すれば、大変多くの方が沿道で声援を送ることが期待でき、それは東京2020オリンピック組織委員会が定めるルート選定の基本的な考え方に合致したものと考えている。今回の結果は想定していなかったものであり、とても残念である。神奈川県知事には、聖火リレーに対する県民一人一人の大きな期待をご容受いただき、県内全自治体、少なくとも全市を回るようなルートの再考をご英断いただきたいと考えている。

(意見)
市民も期待しているので、何とか聖火リレーのコースに加われるように引き続きご努力を願う。

※詳細は、市議会のHPから動画をご覧下さい。

★大和市代官1-15-2-506大和市議会議員中村一夫「政策法務研究所」

090-3904-0813(直通)。     http://nakamurakazuo.jp/

No.185 「一般質問」が始まります。

「一般質問」が始まります。

 令和元年最初の「一般質問」が6/20(木)・6/21日(金)・6/24(月)の三日間の日程で行われます。今回は、4月の市議会議員選挙の後、新しいメンバーで行う最初の「一般質問」です。お時間・ご都合がよければ、是非議場まで足をお運びいただき、傍聴いただければ有り難いです。市議会のホームページでもLIVEと録画で動画を配信しております。スマートホンやタブレットでもご覧になれますので、こちらも是非ご利用下さい。よろしくお願いします。

中村一夫の「一般質問」。

 中村一夫の「一般質問」は6/20(木)の午前9時30分頃から、大項目で5点を40分の持ち時間で行います(時間は会議の進行上前後することがあります)。

一.健康都市大学について。

 大和市が今年度から始めた「健康都市大学」。従前の「のぎく大学」の内容をリニューアルして大変充実した内容になっています。「本当の」大学のように三つの「学部」から構成さています。中でもひと際「特徴的」なのが、「市民でつくる健康学部」です。これは、市民がただ講義を聴いて学ぶだけではなく、市民自身がこれまでの自分の仕事や趣味の知識経験を活かして「講師」として「講義」をするという画期的なものです。「市民でつくる健康学部」の講座は、シリウスが開館している日は基本的に毎日開講されていて、費用も基本的にタダです(一部材料費等をご負担いただく講座もあります)。「人生100年」といわれる時代になりました。いつまでも健康で楽しく長生きするためにも「学び続ける」ことは大切です。まだ始まったばかりですが、全国的にも画期的な取組みである「健康都市大学」について、その内容、目的、課題などを伺います。

二.聖火リレーについて。

 いよいよ、来年に迫った東京オリンピック・パラリンビック。今月1 日には聖火リレーのコースが発表されました。残念ながら、本市は聖火リレーのコースから外れてしまいました。近隣市でも藤沢市、海老名市、厚木市、相模原市などが聖火リレーのコースに選ばれていますので、市民の方からも、「なぜ、大和は外れてしまったのか?」といった声が聞かれます。市として聖火リレーを誘致するなどの活動が出来なかったのか?今回の結果をどう考えているのか?これから本市が聖火リレーのコースの入ることは無理なのか?など、市民の方々の率直な疑問についてお尋ねします。

三.「こども食堂」について。

 本市では、共働き家庭やひとり親家庭などで、夜遅くまでひとりで過ごす子どもたちの「孤食」を少しでも減らし、子どもたちが安心できる地域の居場所づくりと保護者への子育て支援を目的として「こども食堂」を運営する団体を補助しています。本市では現在「こども食堂」が4箇所で開設されていますが、いずれも市の北部地域・中部地域に偏っていて、南部地域にはありません。市として、南部地域にも「こども食堂」が開設されるようにしていく考えはないのか、お尋ねします。また、「こども食堂」がこれからも引き続きしっかりと運営されていくためには、安定的な食材の確保が不可欠です。鳥取市では、郵便局にご協力をいただき、郵便局に「フードボックス」を設置して、食材の寄付をお願いするといった取組みを行っています、本市においても同様の取組みができないか?市のお考えをうかがいます。

四.起業家支援について。

 私は、初当選以来、地域経済の活性化を主要な政策の一つとして推進してきました。中でも「企業誘致」と「起業家支援」については、これまでも「一般質問」や委員会での質疑などの際に市の考えを質し、さまざまな提案を行ってきました。本市も最近は少しづつですが、こういった経済政策に取組み始めていて、平成30年の4月には、「起業家支援スペース リゲル」がベテルギウス(旧図書館)内にオープンしています。まだオープンしてから1年と少しですが、「リゲル」の実績をはじめ、本市の起業家支援施策の実際についてお尋ねし、さらに私からの提案をいたします。

五.公共工事について。

 公共工事の入札の方法として「総合評価方式」というものがあります。これは、簡単にいえば、金額だけで決まる入札ではなく、工事の質や内容によっても評価して、全体的な内容が優れている業者を落札者として選定するといった方式です。要は、「安かろう、悪かろう」とならないような選定方法の一つともいえます。公共事業は、市民の生命・安全にも直結する工事だけに、工事の「品質」は大変重要です。最近は、「総合評価方式」も多くの自治体で実施されるようになりました。ところが、本市では現在この方式が全く行われていません。市は、「ガイドライン」の中で「総合評価方式を試行的に導入していくことといたしました」としていますが、ここ数年まったく実施されていません。その理由と市の考え方についてお聞きします。

※お願い
 中村一夫日の「一般質問」は、市のホームページからもご視聴いだけます。
 ご覧いただき、何かお気づきの事がございましたら、また、ご意見・ご批判等がございましたら、ご遠慮なく仰って下さい。よろしくお願いします。

184. 6月定例会の主な議案について。

6月定例会の主な議案について。

(※括弧の中は、審査する委員会と会議の日付です)

★物品購入契約の締結について。

大和市が締結する物品購入契約について、議会の議決を求める議案が上程されています。

  1. 学校給食調理用品の購入について。(文教市民経済常任委員会 6/6)
  2. 市立中学校普通教室用プロジェクタ等備品の購入について。(同上)
  3. 高規格救急車の購入について。(総務常任委員会 6/10)
  4. 小型水槽付消防ポンプ自動車の購入について。(同上)

★工事請負契約について。

北部浄化センターの電気設備改築更新工事の委託に関する契約の締結につき、議会の議決を求めるもの。(環境建設常任委員会 6/5)

★大和市災害弔慰金の支払等に関する条例の一部を改正する条例について。

(厚生常任委員会 6/7)

★大和市建築基準条例の一部を改正する条例について。

(環境建設常任委員会 6/5)

★補正予算について。

  1. プレミアム付商品券発行事業(総務常任委員会 6/10)
    補正額 1,149,979千円
    合計額 同  上
  2. 放課後児童クラブ事業(厚生常任委員会 6/7)
    補正額 6,9345千円
    合計額 411,352千円
  3. 未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金給付事業(厚生常任委員会 6/7)
    補正額 7,813千円
    合計額 同  上
  4. 小学校大規模改修事業(文教市民経済常任委員会 6/6)
    補正額 −133,606 千円
    合計額 166,975 千円
  5. 中学校大規模改修事業(文教市民経済常任委員会 6/6)
    補正額 -50,941千円
    合計額 34,848千円

★その他、市民からの陳情書・議員からの意見書・人事案件などが審議される予定です。

★委員会の会議は9時からです。原則どなたでも傍聴できます。市役所5階の議会事務局にお越し下さい。

★会議の進捗状況については、議会事務局(260-5503)までお問い合わせ下さい。

咢堂塾に入塾しました。

明治から戦後まで、60年以上にわたって衆議院議員として活躍された「咢堂」こと尾崎行雄先生。現在も「憲政の神様」「議会政治の父」として広く尊敬されています。
「咢堂塾」は尾崎行雄先生の理念を基に、健全な有権者・リーダーの育成を目的として1998年に発足しました。
これまでに地方議員をはじめ多くの方々が卒塾されています。私もこの度21期生として入塾を許されました。
「咢堂塾」の母体である「尾崎行雄記念財団」の会長は時の衆議院議長が務めることになっており、現在の会長は大島理森衆議院議長です。また、財団理事長は高村正彦元外相・法相が就任されています。
尾崎行雄先生は、地元神奈川県(津久井)の出身で、私が尊敬する政治家です。
先生の高い志を学び、自らの政治活動、議会活動に活かしていきたいと考えています。
これから10ヶ月間しっかり勉強していきます。