カテゴリー別アーカイブ: 大和主義!!リポート

No.157 平成30年度がスタートしました。

平成30年度がスタートしました。

 いよいよ平成30年度が始まりました。市議会議員としての今任期も4年目となります。これまで、取り組んできた政策をさらに前に進めるために、今年度もさらに尽力してまいります。

「こどもたち」のために。

「こども」は「日本の宝」「地域の宝」です、大和の「こどもたち」のために頑張っていきます。

(1)学力向上について。

 毎年4月に行われる「全国学力・学習状況調査」。本市の小中学生の「学力」については、これまでもさまざまな課題がありました。私は、本市小中学生の基礎学力の充実と向上を図るため、具体的で実際的な施策の実施を繰り返し教育委員会に対して求めてまいりました。おかげさまで、全市立小学校と中学校で「放課後寺子屋」が実施されるようになり、確実に学力の向上が図られてきています。今年度は、中学3年生を対象に、夏季・冬季の休業期間にも高校受験に対応する施策が実施される予定です。今後とも、本市の「こどもたち」が充実した基礎学力を身につけ、それを向上させていけるように取り組んでまいります。

(2)放課後使児童クラブについて。

 共働きのお父さんお母さん、ひとり親家庭の方にとって、こどもたちの放課後の「居場所」としての「放課後児童クラブ」は大変重要な施策です。本市では、全19小学校区に「放課後児童クラブ」を設置しています。その内、17の小学校区では、小学校の敷地内に公設公営の「クラブ」を開設しており、本市「放課後児童クラブ」は近隣市と比べても大変充実しています。私は、これまでも「放課後児童クラブ」について、さまざまな政策提案をしてまいりました。以前は、「放課後児童クラブ」から直接「放課後寺子屋」や「放課後ひろば」に行くことはできませんでしたが、「クラブ」から直接「寺子屋」や「ひろば」にも行けるように改善しました。また、災害時にこどもたちを安全に避難させることができるように「マニュアル」の作成と、それを学校とも「共有」するように求めてまいりました。私の提案を受けて、昨年4月から「放課後児童クラブ非常災害対策マニュアル」が施行されています。今後とも「クラブ」と学校がしっかり連携して「こどもたち」の「安全」を守っていけるよう、議会を通じて強く求めてまいります。

(3)「新入学学用品費」の入学助成について。

 本市では、これまでも経済的な理由で、こどもたちを就学させることが困難なご家庭に対しては、さまざま就学援助をしてきました。その一つとして、「新入学学用品費」の支給があります。本来、入学前の出費に対する支援であるにもかかわらず、これまでは、実際に支給される時期が8月頃という「事後支給」であり、「本当に必要なとき」の支給となっていませんでした。私は、議会でこの問題を質し、他市での実例も引き合いに出して、入学前の支給を強く求めてまいりました。現在「新入学学用品費」は入学前の支給になっています。これからも、こどもたちが安心て学ぶことができるように、具体的で実際的な施策を実現させてまいります。

「安全な地域社会の実現~防犯施策~」について。

 「安全な地域社会」を作っていくことは、自治体としての大和市の重要な責務です。しかしながら、市職員や警察官だけでそれを行っていくことは極めて困難です。これまでも、自治会やPTAや消防団など市民の方々に「防犯パトロール」などでご協力をいただいてきました。ご協力いただいている市民の方々に心から感謝申し上げます。そして、昨年11月には「新しい」防犯活動のメニューとして、「安全安心サポーター制度」がスタートしました。これは、私が茨城県・つくば市の「ジョギングパトロール」制度を参考に提案したもので、今年1月末現在、既に200人もの方にご登録いただいているということです。ご都合の良い時間に、ご都合の良い場所で、「出来る範囲」で活動していただけるという「新しいスタイル」の「防犯活動」です。ご興味のある方は、市役所「生活あんしん課(260-5162)」までお問い合わせ下さい。

「地域経済活性化」について。

 市民の皆様にさまざまな行政サービスを提供していくためにも、「財源」の確保は重要です。そして、そのためには、「地域経済活性化」を進めることが必要です。私は、平成24年に「大和市商業振興条例」を、本市初の議員提案による経済政策条例として制定しました、この条例を制定したことにより、平成25年には「大和市商業戦略計画」が策定されています。今年度、この「計画」は改定作業にはいります。私も議会を通じてさまざまな提言をしていきます。また先月22日の本会議で成立した「大和市企業活動振興条例」も有効に活用しながら、実効性の高い「地域経済活性化」を提案してまいります。

「議会改革」について。

 市民のための「議会改革」は私の主要政策の一つです。私は、選挙のたびに下がる投票率は、市民の皆様の議会に対する「厳しい」「声」と真摯に受け止めています。今こそ、市民の皆様の議会に対する信頼を回復し、期待していただける議会に「改革」していかなければなりません。昨年、議会としての法的スキルアップを図るため、私が中心となって、中央大学と交渉し、全国初の「パートナーシップ協定」締結に漕ぎ着けました。今年は、中央大学の磯崎教授を講師にお招きして、早速議員研修を実施しました。さらに中央大学の学生さんをシリウスにお招きし、議員と学生との「意見交換会」も開催しました。今後、大学の「知」を大いに活用させていただき、議会としての法的スキルアップ、政策提案力アップを図ってまいります。また、今年度は、議会基本条例を検証する年度になっています。私は、議会基本条例制定時に議会基本条例検討協議会副会長を務めましたが、今年度も条例検証委員会の委員になりました。議会基本条例を検証し、改正するべき点があればしっかり改正し、「市民のための」「議会改革」を進めてまいります。

No.156 経済政策の必要性。

経済政策の必要性。

 大和市のような地方公共団体と、民間企業の大きな違いとして、仕事の量と収入の関係があります。基本的にいって、民間企業の場合、仕事の量が増えれば、企業としての収益も多くなります。だから、会社の仕事を拡大する仕事である「営業職」があるのです。一方、地方公共団体は、基本的に仕事が増えれば増えるほど、支出が増えていきます。なぜならば、地方公共団体の仕事は、住民へのサービスであり、行政サービスであるからです。

 近年、市民の皆さまからの様々なご意見をいただき、それを私たち議員も議会を通じて求めてきた結果、大和市の市民サービス、行政サービスはだいぶ充実してまいりました。そのこと自体は歓迎するべきことなのですが、財政面からは、いろいろと考えていかなければなりません。大和市が実施している市民サービス、行政サービスは、いずれも大切なものばかりです。ですから、基本的には、今後も継続して実施されていかなければなりません。市民サービス、行政サービスを受けるとき、受益者負担としての「対価」を求められない場合、それは、基本的に全て「税金」で賄われているのです。「対価」をいただく場合でも、全額ご負担いただかない場合は、やはり不足分は「税金」で補填されています。したがって、市としては、市民サービス、行政サービスの「財源」を今後とも確保していかなければならないのです。

 新年度の当初予算の「一般会計」の内、約6割が「自主財源」です。6割の「自主財源」は、地方公共団体の「自主財源率」として、すごく悪いわけではありませんが、「自主財源率」は高い方がいいわけで、引き続き「自主財源」の「確保と拡大」は大きな政策テーマであります。大和市の税収のバランスを見てみますと、会社・企業からいただく「法人市民税」の割合があまり高くありません。大和市には大きな会社や工場がそれほど多いわけではないので、「仕方がない」部分はあるのですが、大和市が今後もしっかりとした市民サービス、行政サービスを継続していくためには、「仕方がない」とばかりも言っていられません。

 私は、「地域経済の活性化」を主要な政策の一つに掲げて、市の収入(歳入という)の確保と拡大のために、将来を見据えた施策を行うべきであると、一貫して主張してきました。そして、平成24年には、まず「商業的分野(商店街だけではない)」の振興を図るため、大和市では最初の「議員提案」による経済政策条例「大和市商業振興条例」を作りました。また、市内企業が引き続き市内で事業拡大していただくことはもちろん、市外からの「企業誘致」をしたり、起業家を支援するための条例などの「法整備」の必要性についても主張してまいりました。今定例会には、「大和市企業活動進推進条例」案が上程されており、現在審査されています。

「大和市企業活動振興条例」について。

 今定例会に上程されている「大和市企業活動振興条例」は、新たに大和市に進出される企業や、市内企業でも設備投資などをして事業拡大しようとする企業に対して「奨励金」を交付するなどの「具体的」な施策を盛り込んだ条例です。このような奨励施策が、市内企業の一層の「事業拡大」や「起業」の推進、「企業誘致」を促すことが期待されています。「奨励金」の中でも、賃貸オフィスビルの賃料の一部を「入居奨励金」として交付したり、「健康企業奨励金」は、大和市「らしい」項目となっています。

 私は、平成28年9月定例会の「一般質問」で、経済産業省と厚生労働省が創設した「健康経営優良法人認定制度」について言及し、同「制度」についての市の考えと、認定企業についての(市としての)支援策についてうかがいました。市長からは、「制度の周知」や「認定を受けた企業」の「支援策」を検討していくといった、大変「前向き」な答弁があり、この時の議論が本条例の中で実現しています。「健康経営」に積極的に取り組んでいる企業に国が「お墨付き」を出したということは、企業にとっては「イメージアップ」の材料になります。これは企業にとっては、「奨励金」以上の価値があることだと思います。「健康都市 やまと」の「健康企業」としての「ネーム・バリュー」を十分に活かして、企業活動を積極的に推進していっていただきたいと思います。この条例案は、2月27日の文教市民経済常任委員会の審査においては、全委員賛成で承認されています。この後、3月22日の本会議で正式に採決されます。この条例が成立したら、本当に「使える」条例となるよう、そして、「地域経済活性化」に役立つ「良いツール」となるよう、議会としても、私としても、大いにアピールしていこうと思います。

「市政報告&意見交換会」のお知らせ。

 毎月恒例の「市政報告&意見交換会」を今月は下記のとおり行います。今回は主に3月定例会の報告を中心に行いたいと思います。小規模の「気楽な」集まりですので、気軽に是非お立ち寄り下さい。途中からでも途中まででも結構です。皆さまのお越しをお待ちしています。

日時 平成30年3月31日(土)13時30分から15時30分まで。
場所 渋谷学習センター(イコーザ) 306(和室)
小田急江ノ島線 高座渋谷駅西口下車すぐ。

No.155 「代表質問」を行います。

「代表質問」を行います。

 平成30年2月22日から3月22日まで、29日間を会期として平成30年3月大和市議会第1回定例会が開催されています。今定例会は、今年最初の定例会であるとともに、平成29年度の年度末定例会でもあります。4月からは新年度(平成30年度)となりますが、毎年この定例会において、市長から新年度に向けての「施政方針」が語られます。今回も、2月22日の定例会初日に本会議において「施政方針」演説が行われました。約1時間半にわたって、大きく7つの分野について「施政方針」が語られました。大和市議会は、「会派制」を採っていますので、本来であれば、この後各「会派」が市長の「施政方針」を質す「代表質問」が行われるべきだと考えています。国会をはじめ、多くの議会ではそのように行われています。しかし、大和市議会には「代表質問」がありません。大和市議会は、「一般質問」を中心に議会が行われています。「一般質問」は、本来「市の一般事務」について行われるものであり、提案されている議案(予算案など)については行わないものです。ところが、大和市議会では、場合によって国政に対する批判的な内容まで、「一般質問」で扱われています。
 私は、これまで「議会改革」の議論の中で、「一般質問」とは本来どういうことなのかを論じてきました。その上で、毎年の3月定例会では「一般質問」を一部縮小してでも、「代表質問」を行うべきであると主張してきました。しかし、この趣旨を議会ではなかなか共有していただくことができず、未だに大和市議会では、市長の「施政方針」を各会派が「集中」して質していく、「代表質問」は行われていません。
 地方自治が「二元代表制」である以上、市長が「一方的」に自らの「施政方針」を語るだけでは不十分です。それに対して、議会がその内容を質していくことによって、はじめて、「市長」の「施政方針」が「大和市」の「施政方針」になると思っています。これからも「代表質問」の必要性については、議会内で主張してまいりますが、合意するまで待っているといつになるか分からないので、まずは我が「自民党・新政クラブ」から「代表質問」を行います。
 現在の制度では「一般質問」として行うしかないので、私の「一般質問」の枠として行いますが、今回は、自民党・新政クラブの「代表質問」として行うので、私の個人的な政策提案や質問はせず、あくまでも「平成30年度 施政方針について」という大項目一本で行います。ただ本当は、沢山の「一般質問者」の中の一人として行うのではなく、「代表質問」だけを続けざまに全会派が行う方が、「施政方針」をさまざまな観点から明らかにできるので、本来はそうあるべきだと思っています。繰り返しますが、これからも「代表質問」の必要性と重要性を議会の内外で訴えてまいります。
 今回の私の「代表質問」的「一般質問」は、3月13日(火)の13時からです。ご都合がよければ、是非市役所5階の市議会まで傍聴にお越し下さい。市役所に来られましたら、エレベーターで5階まで上がっていただき、「議会事務局」にお立ち寄り下さい。そこで、簡単な手続きをお願いし、市役所最上階の「傍聴席」からご覧になれます。車椅子のまま入れるスペースもありますので、車椅子をご利用の方もご遠慮なく、是非お越し下さい。お待ちしています。

「予算」の審査を行います。

 今定例会の一番大きな議題は、平成30年度の当初予算です。平成30年度の大和市の予算は、一般会計で約771億円、特別会計(国民健康保険事業、下水道事業、渋谷土地区画整理事業、介護保健事業、後期高齢者医療事業)で約512億27,548,000円、病院事業会計で、約155億55,736,000円、合計約1,438億83,284,000円です。これは、これまでで3番目に大きな予算規模となっています。大和市の一般会計の財源の内、自主財源は、約444億52,790,000円で自主財源の比率は57.7%です。歳出で一番大きなものは扶助費で約233億64,263,000円で、実に一般会計の30.3%となっています。扶助費の中でも生活保護費は3.0%減少が見込まれていますが、保育所などに関する歳出などが増えており、全体では4.1%の増を見込んでいます。
 定例会初日(2月22日)にこの予算案が議会に上程され、2月26日、27日、28日、3月1日の4日間にわたり、4つの常任委員会ごとに審査されていきます。大和市議会の予算審査に関して、私が一番大きな問題として訴え続けているのは、「予算委員会」がないことです。「予算委員会」がないので、「予算全体」についての「大きな」議論が出来ません。また、常任委員会は一日だけの会議であり、予算以外の議題(条例案、請願・陳情書など)も同じ会議の中で議論されています。私は、これまで全ての委員会に委員として参加してきましたが、正直「時間が足りません」。私は、「予算委員会」を設けて、そこで予算全体についての各会派「代表質疑」を行い、まずは、「大きな観点」からの質疑をして、それから、より細かい項目についての集中した審議をするべきであると考えています。いずれにしても、予算審議は極めて重要な議会の「仕事」ですから、どのような審査方法が「より良いもの」であるのか、引き続き他の議会の予算審査をも調査研究しながら、この分野での「改革」にもさらに取り組んでまいります。

「大和主義! !」はホームページからもご覧になれます。

 私の市政リポート「大和主義! !」は、市内の全8駅で手配りをさせていただいていますが、私のホームページにも(過去の号から)掲載しておりますのでご覧下さい。私のホームページは、「大和主義」と検索いただきますとすぐに見つかると思います。加えて、市議会での発言等については、<「大和市議会」のホームページから「動画」や「会議録」として発信されていますので、こちらも是非ご覧下さい。加えて、日々の活動については、Facebook(中村一夫)、Twitter(@yamatosyugi)で発信しておりますので、こちらからもよろしくお願いします。