カテゴリー別アーカイブ: 大和主義!!リポート

No.151 中村一夫の「議会改革私案」。

○中村一夫の「議会改革私案」。

 私は、初当選以来、「議会改革」の推進を主張してまいりました。2000年にいわゆる「地方分権一括法」が施行され、本格的な「地方分権」の時代が到来した! !と当時はかなり大きく報じられ、「地方議会」の「役割」についても、大きなご期待をいただきました。あれからかなりの年月が経ちますが、「地方議会」は、国民の皆樣方のご期待に沿うような「役割」を果たしてきたのでしょうか?私は、選挙の度に低下する投票率に、国民・有権者の地方議会への「失望」を感じています。だからこそ、「議会改革」を推進していくことが急務であると思っています。「改革」すべき点は沢山ありますが、まずは「議会が本来やるべきこと」を「しっかりとやる」体制を構築すべきであると思っています。つまり、「議案審議」の「クオリィティー」を高めて、しっかりと「チェック機能」を発揮することと、「審議のプロセス」を「可視化」させていくことです。「チェック機能」といっても「反対」するばかりが「チェック機能」を発揮することではありません。多くの価値観を持った23万5千人の「大和市民」にとっての「ベターな選択」をしていくということは、決して容易なことではありません。「チェック機能」を発揮しながらも、政策を実現させることによって、より良い地域社会を作っていくことが、議会のそして議員の使命であります。「審議のプロセス」を可視化するためには、会議のインターネット配信を進めていく必要もあると思います。現在、大和市議会では、本会議だけが動画配信されています。今後は、委員会の会議も動画配信していくべきだと思います。
 以下に私の「議会改革私案」をいくつか申し述べます。

一.予算・決算常任委員会の設置。

 議会が行う「議案審議」の内、「最も」重要な審議は「予算・決算」に関するものであると思っています。現在、大和市議会には、「予算・決算」を専門的に審査する委員会がありません。予算も決算も、4つの常任委員会(総務・厚生・文教市民経済・環境建設)に分割付託され、各委員会は、条例の改正案や陳情といった他の議案と一緒に「一日」で予算・決算を審査します。私は、予算・決算は、予算・決算を審査する専門の常任委員会を設置して行い、時間ももっとかけて審査するべきだと思っています。もちろん、時間ばかりかけて「だらだら」やっても意味がありませんから、各委員の質疑時間は「持ち時間」制にして、自分の「持ち時間」の中で、質問を組み立てて、系統立てて質疑を行えるように、質疑の方法自体を改善するべきだと考えています。そうすれば、限られた時間の中で、よりクオリィティーの高い質疑が行えるようになると思います。

二.「代表質問」の実施。

 大和市議会では、議員「個人」が「市の一般事務に対して行う一般質問」を中心に会議が運営されていて、毎回多くの議員が「一般質問」をおこないます。私も初当選以来、毎回の定例会で「一般質問」をおこなってきました。大和市議会の「一般質問」は大変活発で、行政側の答弁も大変丁寧で、「熟考」されたものです。しかしながら、その一方で「代表質問」がおこなわれていません。大和市議会は「会派制」をとっているのですから、各会派代表による「代表質問」があって然るべきです。代表質問は、通常3月定例会で行われます。3月定例会では、市長から「次年度」の「施政方針」が示されます。この「施政方針演説」に対して、各会派が政策論をぶつけるのが「代表質問」です。当然、会派によって考え方や論点が違っています。その違いを明らかにしながら、「施政方針」を「立体的」に可視化させていくのが「代表質問」なのです。今の大和市議会に「代表質問」が無いということは、議会審議のクオリティーを大きく下げていると思っています。

三.議員(委員)間討議の実施。

 委員会の質疑は(傍聴に来られた方はお分かりと思いますが)、議員(委員)が行政職員に対して、それぞれ質疑をして終了です。その後、「討論」というのがありますが、これは、議案に反対の委員、賛成の委員がそれそれぞれ「反対意見」「賛成意見」を一方的に述べる議会独特の意見表明の方法で、ディスカッションとしての「討議」ではありません。委員会は委員同士の「ディスカッション」によって、委員会の「意思」が形作られていかなければならない「場」です。ですから、委員が行政職員に議案の疑問点を質した後は、委員間での「ディスカッション」を行ない、委員会としての「意思形成」を行わなくてはならないのです。残念ながら、現在、大和市議会では「議員間討議」が行われていません(実施している議会もあります)。今年も引き続き「議員間討議」の重要性を議会で主張しながら、その実現をめざしてまいります。

四.会議の日程について。

 大和市議会は、年4回の定例会を行っています。毎年、3月は予算審議、9月は決算審議で、議案も多いです。一方、6月・12月の定例会は議案が少なめです。ところが、定例会の日程は4回の定例会ともほとんど同じです。私は、議案の多い3月・9月の定例会は日程も長くして、議案の少ない6月・12月の定例会は日程を短くするなど、メリハリのある日程にするべきであると思っています。また、最近、徐々に増えてきている「通年議会」についても、その実現性を検討すべきであると考えています。昨年出席した「全国市議会議長会研究フォーラム」において、「通年議会」を実施しているある議会の議長さんは、「通年議会のメリットは多いが、デメリットはない」と言われていました。

 他にも、改革すべき点は沢山ありますが、まずは、以上の点を改革できれば、議案審議のクオリティーは「かなりの程度」向上すると思います。今年は、議会基本条例を検証する年です。条例の検証と合わせて、こういった議論を深めていきたいと考えています。

○昨年12月定例会での「一般質問」について。

 昨年12月18日におこなった、私の「一般質問」の動画が大和市議会のホームページから配信されていますので、是非ご覧下さい。スマートフォン、タブレットPCからもご視聴いただけます。
 また、私の「大和主義!! 」の以前の号も私のホームページに掲載しています。こちらは「大和主義」で検索下さい。

No.150 平成29年の中村一夫の政治活動について。

平成29年の中村一夫の政治活動について。

平成29年もあと少しで終わりです。今年も一年間、中村一夫は、「大和主義! ! 」を掲げて、「大和とその市民のために」頑張ってまいりました。今年の私の活動の幾らかを以下にご報告いたします。なお、毎月二回発行している「大和主義! ! 」は、ホームページにも掲載してありますので、是非ご覧下さい。また、議会での私の「一般質問」や委員会等での発言は、市議会のホームページから「動画」や「会議録」でご覧いただけます。ご不明な点、ご意見、ご批判がございましたら、何でもご指摘下さい。来年も市民の皆様のお声をしっかり受け止めて、議会を通じてより良い地域社会の実現を目指してまいります。

放課後児童クラブの「災害時対応マニュアル」ができました。

昨年9月定例会の「一般質問」で、放課後児童クラブの災害時対応について、「災害時対応マニュアル」を作成し、徹底するように提案いたしました。担当のこども部長からは、「放課後児童クラブにおいて適切に避難対応が図れるよう、詳細な災害時対応マニュアルの整備など含め、さらなる防災体制の強化に努めてまいります」という大変前向きな答弁がありました。そして、本年4月1日から「放課後児童クラブ非常災害対策マニュアル」が施行されています。今後、各児童クラブはもちろんのこと、学校に対してもその内容を徹底し、子どもたちの更なる安全確保を求めてまいります。

「就学援助費 新入学学用品費」の入学前支給を実現。

市は、これまでも経済的な理由により、子どもを就学させることが困難な家庭に対して、就学援助をしてきました。その一つとして「新入学学用品費」の支給があります。ただ、これまでは支給時期が入学後の8月からであり、入学前の本当に必要なときに支給されていませんでした。私は、昨年6月定例会の「一般質問」で新入学学用品費の前倒しの実施を求めておりましたが、昨年末の新中学生の「新入学学用品費」の入学前支給に続き、今年は、新小学生の「新入学学用品費」の入学前支給についても予算化されました。このことにより、来年の4月に小学校に入学する対象家庭の保護者に対しては、来年3月に「新入学学用品費」が前倒しで支給されることとなります。これからも、経済的な理由により就学が困難なご家庭についても、しっかりとした支援が行われ、経済的な理由によって教育の機会が妨げられることがないように、市・教育委員会に求めてまいります。

議会改革実行委員会の協議結果を議長に報告。

平成27年10月5日から約1年半協議を続けてきた「議会改革実行委員会」の協議結果の報告を実行委員長として正副議長に報告しました。関連記事は「やまと市議会だより」第282号に掲載されていますのでご参照下さい。

基地対策特別委員長に就任しました。

5月10日に開催された、第1回臨時議会において、基地対策特別委員会委員長に選任されました。今年は、長年の懸案事項であった、厚木基地の米空母艦載機が山口県岩国基地に移駐を開始する「歴史的」な年です。市議会基地政策の責任者として、しっかりと移駐実現を推進していきます。

米空母艦載機部隊の岩国基地への移駐が始まりました。

本年8月。ついに米空母艦載機の岩国基地への移駐が開始されました。移駐は、来年5月頃までに段階的に行われていきます。8月25日には、大和市基地対策協議会(会長 大和市長)の役員として、外務省、防衛省、総務省を訪問し、政府高官に対して、移駐を含むさまざまな基地に起因する課題についての「要望」を行いました。なお、12月5日に開催された、市議会基地対策特別委員会において、厚木基地の空母艦載機はすでに半数以上が岩国基地に移駐したこと、移駐は概ね順調に進んでいることが報告されました。

「安全安心サポーター制度」が始まりました。

昨年9月定例会の「一般質問」で提案した、茨城県つくば市の「ジョギングパトロール」事業が本市においては、「安全安心サポーター事業」として、11月1日からスタートしました。私も登録番号「1番」で真っ先に登録しました。これからも地域の安全・安心を守る為に実際的な防犯施策の提案を行ってまいります。

中央大学とのパートナーシップ協定が締結されました。

議会改革実行委員会で、大学との連携が協議され、議会の法的スキルアップを図るため、法学部のある大学との連携を検討してまいりました。昨年末以来、中央大学との協議を進めてまいりましたが、11月2日に正式にパートナーシップ協定を締結しました。県内の市議会で大学と連携しているのは、横須賀市議会(関東学院大学)、茅ヶ崎市議会(文教大学)に続き3例目です。また、中央大学が地方議会とのパートナーシップ協定を締結したのは、本市議会が初めてということです。これからも自治体の立法機関として、法的なスキルアップを図るべく、大学の「知」を十分に活用させていただきます。

市内全8駅での朝の「市政報告」等を実施。

基本的に月曜日から金曜日の朝6時30分から8時まで、市内の全8駅を順々にまわり「市政報告」をしています。また、随時、他の曜日・時間にも行っていますが、黄色い「大和主義! ! 」の旗を掲げて大声で話しているのがいたら、それが私です。市政についてお気づきの点、ご意見、クレームなんでも結構です。お気軽に話しかけて下さい。

「大和主義! !」もおかげさまで「150号」を達成! !

毎月1日と15日に発行し、駅での「市政報告」の際に手配りしている「大和主義! ! 」も今号で150号となりました。以前の号も私のホームページ(「大和主義」で検索して下さい)に掲載していますので、是非ご覧下さい。
今年一年ありがとうございました!! 来年も益々頑張ります! !

No.149 12月定例会の「一般質問」について。

平成28年12月定例会での私の「一般質問」は、12月18日(月)の10時30分くらいからで
す。質問の項目、要旨は以下のとおりです。ご興味いただけた方は、是非傍聴にお越し下さい。市役所5階の議会事務局にお越しいただき、簡単な手続の後、傍聴いただけます。また、市議会のホームページからは、LIVEと録画で「動画」を配信していますので、こちらもご利用下さい。スマートフォン、タブレットからもご視聴いただけるようになりましたので、是非、お試し下さい。よろしくお願いします。

○ 中村一夫の「一般質問」の質問項目と要旨。

一.道路について。

本市の道路のコンディションは市民に大変評判が悪い。市としてはどのように認識しているか。
全ての市民にとって必要な道路の整備に、来年度はしっかりと予算配分(増額)をしてあたるように求める。

二.防災について。

  1. スタンドパイプ消火資機材について。
    本市は全市的にスタンドパイプ消火資機材を配備し、大規模災害時の自主消防に備えている。現在までの訓練回数、訓練参加者の人数、訓練内容等について質し、今後「本当に使える」体制を構築することを提案する。あわせて、自主防災を担って下さっている自治会・自主防災会への一層の支援を要望する。

  2. 「蓄光」について。
    地震や落雷などの自然災害によって停電になったとき、それが夜間であれば、避難場所やさまざまな危険箇所を示す表示板などが役に立たなくなることが想定される。また、災害時でなくとも、消火栓マンホールの位置、AEDの保管場所、「こども110番」の表示など、市民の生命・安全に直結するような重要なサインが夜間には見えづらい。太陽光や通常の電灯などの「光」を蓄えて、夜間や暗闇で光る「蓄光」の技術は、さまざまなサインに活用されている。近隣市でも藤沢市、鎌倉市、海老名市などで採用されているが、本市においても導入することを検討してはいかがか。

  3. 自衛官0Bの雇用について。
    自衛官OBを危機管理の職員として雇用し、そのノウハウや人脈を積極的に活用している自治体がある。近隣市でも海老名市では複数の自衛官OBを危機管理課の管理職として採用している。本市においても、有用な人材として自衛官OBを積極的に採用して、自衛隊との連携を強めながら、危機管理行政を強化すべきではないかと考えるが、市の見解をうかがう。

三.放課後児童クラブについて。

本市は19の小学校区すべてに「放課児童クラブ」を設置しているが、内17は学校敷地内にある公設公営のクラブで、2つは学校敷地外にある民間事業者に委託している。今後の本市の「放課後児童クラブ」の方向性についてうかがう。また、クラブによっては、学校との連携が良くできているところもあるが、そうでないところもある。昨年も荒天時の避難について、学校の協力が十分ではなかったことについて指摘したが、教育委員会から全ての学校長に対して、児童クラブにしっかり協力するように要請されることを求める。

四.「トリプルP」について。

国際的にも評価されている教育ブログラムである「トリプルP」について紹介し、本市の見解を尋ねるとともに、市として、「トリプルP」のプロクラムを取り入れてみることを、県内三浦市の例を示して提案する。

五.夜間中学について。

さまざまな理由で、中学校の教育を十分に受けることができなかった人を対象に「夜間中学」が設置されているが、その数も少なく、必要としている方にとっては決して十分とはいえない現状である。県央地域に少なくても1校「夜間中学」が設置できるように、県央最大の都市としてその先頭に立っていただきたいと願うものだが、見解をうかがう。

六.マラソン大会について。

全国的に人気の高い「マラソン大会」。「健康都市」を標榜する本市でも是非開催できないか。「健康」をテーマにした「健康都市やまと」にふさわしいイベントになり、地域の活性化にもつながることと思う。本市では、来年の「海の日」に大和市版「オリンピック」を企画している。それに併せて、あるいは、市制60周年記念に合わせて、「フルマラソン大会」を実施できないか。そして、その後は毎年「フルマラソン大会」を実施していけば、本市を代表するイベントになっていくと思う。いかがか。

※今回は、以上大項目で6点を、30分の持ち時間をいただき行います。
※内容は都合により変更する場合があります。