カテゴリー別アーカイブ: 大和主義!!リポート

No.183 三期目の大和市議会議員任期がスタートしました。

三期目の大和市議会議員任期がスタートしました。

 去る4月21日に行われた大和市議会議員選挙の結果を受けて、令和元年5月4日より大和市議会議員としての三期目の任期がスタートしました。これから4年間、市民の皆さま方、地域の声をしっかり受け止めて、より良い地域社会を構築するために頑張ってまいります! !

臨時議会が開催されました。

 5月9日、改選後初めての議会(臨時会)が招集されました。臨時会では議長・副議長を初め、各議員の所属委員会や各委員会の委員長・副委員長が決まりました。私は、今年も文教市民経済常任委員会に所属します。文教市民経済常任委員会には、私の議会活動(今年9年目になります)の内、6年間所属させていただいています(内1年間は委員長)。同委員会は、教育委員会(教育部)・市民経済部・文化スポーツ部を所管する委員会で、私が取り組んでいる多くの政策に直接関わっている委員会です。今年も引き続き、同委員会を舞台に政策実現に向けて取り組んでまいります。

 その他、基地対策特別委員会に所属して、今年も委員長に選任いただきました。3年連続になります。大和市議会において、基地対策特別委員長を3年間続けて行うことは極めて異例なことです。私が委員長を務めた2年間で、厚木基地に飛来していた米空母艦載機の移駐を完了させることができ、厚木飛行場の航空機騒音は相当程度軽減できたと感じています。しかし、我が国を取り巻く国際情勢などを鑑みる時、厚木基地が安全保障政策にとって重要な基地であることは今後も変わらないと思います。我が国の安全保障と市民の皆さまの負担軽減。この一見相対立するか思える困難な課題を、地元の議会を代表して今年もしっかり取り組んでまいります。

 なお、基地対策特別委員長は、大和市基地対策協議会の委員にもなります。基地対策協議会は、大和市長を会長として、副市長・市議会副議長を副会長とし、議会をはじめ市内の様々な団体からの委員で構成されています。まさに「オール大和」の基地対策組織です。毎年、政府関係機関・米国大使館に要望活動を行っています。政府に要望に伺った際、対応いただく大臣・副大臣・政務官といった政治家は自民党の議員が多いです。そういった意味でも、自民党の議員が基地対策特別委員長として基地対策協議会に入っていることの意味は大きいと感じています。今年も市民の皆さまの静かな暮らしを守りつつ、我が国の平和と安全を守っていくために、しっかりと取り組んでまいります。

6月定例会が始まります。

 改選後最初の定例会が6月3日(月)から27日(木)まで25日間の会期で開催されます。会議の予定は以下のとおりです(会議は都合で変更する場合があります)。大和市議会では、本会議はもとより、委員会の会議も傍聴できますので、是非お越し下さい。皆さまのお越しをお待ちしています。なお、本会議は市議会のホームページからもLIVEと録画でご視聴いただけます。スマホ・タブレットでもご覧いただけますので、お試し下さい。よろしくお願いします。

6月 3日(月) 9時から 本会議   議案の上程
6月 5日(水) 環境建設常任委員会
6月 6日(木) 文教市民経済常任委員会  ※中村所属
6月 7日(金) 厚生常任委員会
6月10日(月) 総務常任委員会
6月11日(火) 基地対策特別委員会  ※中村委員長
6月19日(水) 議会運営委員会
6月20日(木) 本会議(一般質問)
6月21日(金) 本会議(一般質問)
6月24日(月) 本会議(一般質問)
6月25日(火) 議会運営委員会
6月27日(木) 本会議   議案の採決

※ 5月27日 10時より、議会運営委員会が開催されます。
※ 会議についてのお問い合わせは、議会事務局議事係(260-5503)までお願いします。

「市政報告会&意見交換会」のお知らせ。

 恒例の「市政報告会&意見交換会」を下記の日程で行います。途中からでも途中まででも結構です。是非、お気軽にお越し下さい。お待ちしています。

日時 令和元年 5月26日(日)
13時30分から15時30分まで。
場所 大和市議会議員中村一夫「政策法務研究所」
大和市代官1-15-2-506

No.182 いよいよ「令和」の「大和主義! !」です。

いよいよ「令和」の「大和主義! !」です。

 5月1日、皇太子徳仁親王殿下におかせられましては、第126代天皇陛下として御即位になり、「令和」の御代が始まりました。私の「大和主義! ! 」も平成から令和へ思いも新たに発信してまいります。今後とも大和市政の問題や私の政治的な考えをなるべく分かりやすくお伝えしていきたいと考えておりますので、引き続きのご愛読と皆さま方からの率直なご意見をよろしくお願いします。なお、過去の「大和主義! !」も私のホームページ(http://nakamurakazuo.jp//)からご覧になれますので、是非ご参照をお願いいたします。「これまでも、これからも」中村一夫は「大和主義」で「大和と市民のため」に尽します! !

中村一夫の「政策」。

★ 困っている人に寄り添う政治

政治や行政は、「なんでもない、普通の時」にはそれ程意識しないものです。何か問題にぶつかったとき、政治や行政のあり方に疑問をいだき、その関わり合いについて考えるものだと思います。
「困っている」といっても、その内容は実にさまざまであると思います。経済的な問題もあるでしょうし、保育や介護の問題もあるでしょう。地域の課題もあるかもしれません。「困りごと」の種類はさまざまであったとしても、現に「困っている」というその状態、そこにしっかりと寄り添って解決に向かって行動していくこと。これこそ政治の役割であり使命であると確信しています。中村一夫は、困っている人に寄り添う政治を行います。

★ 安全・安心なまちづくり~防災・防犯~

地方政治は、憲法92条に規定する「地方自治の本旨」に則ってその政策を推進します。したがって、地方政治は「天下国家」を論じているわけではありません。地方政治にとって最も大切なことは、地域の「安全と安心」を守ることであるといえます。中村一夫は、「安全安心な地域社会」を構築するために、これからも具体的な政策を提案してまいります。私自身、地域の防犯パトロールや通学路の見守り活動を行ってまいりました。前期では「安全・安心パトロール」制度を提案し、実現させています。防災活動においては、現役の消防団員として、最前線で活動しています。現場の経験を市政に活かして、これからも防災・防犯施策を進めてまいります。

★ 教育

教育は、初当選以来の主要な政策の一つです。当初ほとんどなかった大和市の学力向上に向けての施策も、現在は「放課後寺子屋やまと」を中心に充実してきています。「全国学力・学習状況調査」の結果は目標としている「神奈川県の平均」に近づいてきています。これからも大和市の児童生徒の皆さんが「確かな学力」を身につけられるように具体的な提案をしてまいります。あわせて、学校が児童生徒の皆さんにとって快適なところとなるように、「いじめの撲滅と不登校の解消」を目指してまいります。

★ 子育て支援

子どもを産み育てやすい大和市となるように、引き続き子育て支援の政策を進めてまいります。幼稚園の有効活用を推進し、(数字上の)「待機児童ゼロ」を、実感できる「待機児童ゼロ」に近づけていけるように推進してまいります。共働きなどのご家庭のお子さんが放課後の時間を安全に過ごせるように「放課後児童クラブ」の一層の充実を進めてまいります。

★ 地域経済の活性化

様々な行政サービスを行うためには、そのための財源が必要です。大和市が将来にわたってしっかりとした行政サービス・住民サービスを継続できるように、地域経済を活性化させることにより財源の確保・拡大を進めてまいります。私が最初の任期中に、議員提案の条例として起草し制定した「大和市商業振興条例」。同条例に基づく「大和市商業戦略計画」も今年度から二期目の計画に入ります。また、昨年施行した「大和市企業活動振興条例」によって、企業誘致や起業家の支援も進んできています。引き続き、商業振興・企業誘致・起業家支援の「三本の矢」を計画的に放ち、地域経済活性化のための政策を進めてまいります。

★ 議会改革

本年4月21 日に執行された大和市議会議員選挙の投票率は38.41%でした。実に10人中4人も選挙に行っていただけなかったというのが今回の選挙の結果でした。この数字を議会のメンバーの一人として大変重く受け止めています。いうまでもなく、選挙は民主主義の根本です。選挙によって選出された者が有権者の代わりに政治に関わるというのが民主主義の基本でありますから、このような低投票率で選出された議員は、本当に「市民の代表」と言って良いのでしょうか。大変申し訳なく思っています。では、なぜ、投票率が低いのでしょうか。もちろん、さまざまな理由があり、断定的には言えませんが、やはり、議会が市民の皆さまの期待に応えられていないからだと率直に反省するべきだと思います。そこで、市民のための「議会改革」が急務であるとずっと主張し、取り組んでまいりました。しかしながら、「議会改革」を進めることは容易ではありません。「議会改革」に積極的でない議員も残念ながらいます。私は、過去8年間にわたって、「議会改革」に関わる委員会等に積極的に参加し、議論を重ねてきました。これまで、「議会改革」に関することは、「全会一致」が「原則」とされ、多くの意見が「全会一致」せず廃案とされてきたのです。私はこの「全会一致原則」を改めない限り、「議会改革」は一歩も進まないと、議会改革実行委員長のときに前例を破って、「決」をとりました。「全会一致」は「原則」であって「例外」はある。そもそも、議会運営の「大原則」は「多数決」であることを根拠に実行しました。批判もありましたが、今後「改革」を進める道筋を作ることができました。もちろん、議論もろくにしないで「決」をとることがあってはなりません。それでも何時間も話し合っても何も決められないのでは、これもまた困ったものです。話は戻りますが、市民に期待される議会になるためには、「決められる」議会になることが必要だと思います。私の「議会改革」の目標はただ一つ。「市民のための議会改革」です。議会が市民の「声」を正しく反映し、それゆえに市民に期待され、結果として投票率も向上していく。そんな「市民のための市議会」とするために引き続き尽力してまいります。

No.181 新年度の事業がスタートしました。

新年度の事業がスタートしました。

市議会は、去る2月15日(金)から3月13日(水)まで定例会を開催し、平成31年度予算を慎重審議し賛成多数で可決しました。その内の幾つかをご紹介します。

★ 教育

  • 市立中学1年生の全教室にプロジェクターを整備
  • 大和市特別支援教育センターの運営を開始
  • 市立小・中学校の教室にインターホンを設置
  • 健康都市大学で生涯学習を推進

★ 子ども・子育て

  • ボール遊びもできる公園を整備
  • 民間保育所等の新設を支援
  • 病児保育の定員を拡大

★ 安全安心な地域社会を目指して

  • 大和駅周辺の防犯対策を強化
  • 認知症施策。GPS 付きシューズの利用促進
  • 振り込め詐欺対策(電話機などの購入費補助)
  • 青色防犯パトロール車両の白黒塗装
  • コミュニティバスの利便性を向上
  • 「おひとり様」などの終活支援

★ 地域経済の活性化

  • 展示会などへの出展費を補助
  • 地域ブランド開発費の補助

「意見書」について。

市議会では、市側(行政執行部)から提案された議案や予算・決算を審議して決定しています。
また、各議員には市政全般にわたって「本会議」で市長に対して質す機会もあります(一般質問)。当然、議会での議論は活発に行われるべきであり、議員の発言権は最大限に尊重され保障されなければなりません。しかし、その発言内容はどんなことでも良いのかといえば、真実と異なることや誹謗中傷は当然のことですが、地方自治の主旨からしても一定の制限があると思います。日本国憲法93条ではそれを「地方自治の本旨」ということばで表現しています。「地方自治の本旨」とは一般的に「団体自治」と「住民自治」であると理解されており、ようは、「地域のことは地域の住民が自分たちで決めていく」ということです。別の言い方をすれば、大和市には大和市のことだけが国の主権から「分権」されているということです。地方自治法99条には「普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる」と規定しています。この「意見書」の提出について、大和市議会では近年議論が交わされています。この条文を普通に読めば、また憲法93が規定する「地方自治の本旨」に照らして考えてみれば、ここで提出「できる」「意見書」とは、当該地方公共団体つまり「大和市」が直接関係する「公益」に関する「意見書」のことであると思います。また、そう考えるのが素直な条文の解釈であると思います。ところが大和市議会では、以前から純然たる国政に係るようなものでも「大和市も日本の一部なのだから」といった具合に「意見書」を提出してきました。さながら、「ミニ国会」のような議論が延々と行われてきたのです。もちろん、市議会議員も「政治家」でありますから、純然たる国政の問題でも政治家として意見を持ち、発言することも必要かもしれません。ただ、それを市民の税金で運営されている市議会で行うべきかということです。むしろ、市議会では大和市のこと、大和市民に直結する重要課題の審議に時間をかけるべきではないでしょうか。大和市議会は「議会改革」の一貫として、これまで「なんでもあり」だった「意見書」についても見直しを行い、本来の法の主旨にあった形に「改善」していこうとしています。この「改善」の動きに否定的な意見の方もおられますが、地方議会は「地方自治の本旨」に基づいて運営されているものであり、「地方自治の本旨」と法律の規定により一定の制限があることはむしろ当然です。市議会の「権限外」の議論に時間を費やすのではなく、本来市議会が議論を尽すべき課題の審議により多くの時間をかけるべきだと思います。中村一夫は、今年度も「議会改革」をさらに推進し、「市民のための市議会」となるよう頑張ってまいります。