カテゴリー別アーカイブ: 大和主義!!リポート

No.204 新型コロナウイルス対策として、大規模な補正予算を策定すべし! !

令和2年3月24日、大和市議会は、今年度当初予算を可決しました。同時に議会開会中にも深刻さを増して来た、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、早急にコロナ対策を盛り込んだ補正予算を議会に提出して欲しい旨を市側に申し上げました。
新年度が始まって、早くも1ヶ月がたちました。国も県も大規模な補正予算を編成していますが、大和市では未だにしっかりとした補正予算を議会に提案するような動きがみえません。今月予定されている臨時議会では、市長が専決した何件かの補正予算の議会承認が求められることになりますが、そのほとんどは国の予算として執行されるものを、市が窓口として行うにための補正予算であり、市独自の施策としては、県が行う休業協力金に市としての「上乗せ」をするものだけです。
今年度の当初予算に計上されているもので、すでに中止になったもの、中止が決定されているもの、おそらく中止になるだろうという事業に計上されている予算額は相当な金額になると思います。加えて、今年度は中止にできるもの、来年度以降に延ばせるものなどを入れたら、その規模はもっと大きくなります。何が言いたいかというと、「コロナ対策としての財源はまだある」ということです。それらを単に「執行残」としてしまうのではなく、早急に補正予算を組んで、新型コロナ対策に有効に使うべきです。遅くとも6月定例会には、本格的な補正予算を組んで議会に提出するように求めていきたいと思っています。
大和市は、市立病院のことも、経済対策も、学校休業中対策も後手後手です。未曾有の国難だからこそ、「計画的に予算に計上して議会の承認を得て執行していく」という議会制民主主義がしっかり行われていく必要があります。議会としての矜持が試されているともいえると思います。

〇 新型コロナウイルスに対する要望(4/30提出)

毎週、木曜日の正午を締め切りに、各議員は市側への要望を議長宛に提出できることになっています。私も毎週提出していますが、今週提出したものは以下のとおりです。私以外にも大勢の議員がそれぞれ要望を提出しています。「実施するには財源が…」と市側は言うでしょうが、前述したとおり「財源はまだあります」。要は、いかに早急に今年度予算を精査して、コロナ対策の補正予算を組めるかどうかです。私としては、とにかく早急に大規模な補正予算の策定を求めていきます。

☆市側へ。

  • 外出自粛が長引くと、自治会や老人会といった地域のコミュニティが崩壊し
    てしまう。今からそうならないための対策を求める。
  • 介護施設、デー・サービスの休止に伴う代替施策を検討実施すること。
  • 市立病院の院内感染を防ぐためにさらなる、感染症予防策を強化すること。
  • 医師・看護師、医療従事者は当然だが、清掃員・受付まで、しっかり感染予防策を講じること。
  • 「3密」を防ぐため、公園遊具の使用禁止。学校校庭を日・時間等を決めて分散して開放すること。
  • 市民からの要望を受ける専用のメールアドレス、「ご意見箱」などを設けて、市民の声を直接聴くようにすること。
  • 市立病院職員のケアをしっかりすること(メンタルも含め)。離職者が増えていると聞く。職場体制に問題はないか、しっかり対応して病院職員が真に必要としている対応をして欲しい。
  • 減税、納税猶予、分割納税などを大規模に実施すること。
  • 市内限定の商品券(プレミア付き)を発行して、消費を喚起すること(用途は物品購入だけでなく、さまざまなサービスも利用できるものにする)。
  • 市内の飲食店で、テイクアウトをやっているお店を、当該飲食店・商工会議所や商店会がアピールしている。その取り組みに市が積極的に協力すること。工夫して是非実施して欲しい。
  • 鎌倉応援チケット(CF)のような取り組みも検討して欲しい。
  • 大和市商業振興条例第3条の規定に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大中における大和市商業の振興について、「総合的な施策」を実施すること。
  • 上記の「総合的な施策」は、現在の対策と、コロナ収束後の回復期の施策と、切れ目の無い施策の実施が必要である。場合によっては、「大和市商業戦略計画」の改定も必要かもしれない。あるいは、「新型コロナウイルス対策特別商業振興計画(仮称)」のようなものを策定することが効果的かもしれない。とにかく、しっかりとした支援が必要である。
  • 新型コロナウイルス感染者が出ている市立病院では、市民の不安を解消するためにも、遠隔診療を早急に実施すること。独自にシステムを構築しなくても、すでに民間でシステムをリリースしているとのこと(詳細は中村まで)。
  • 担任の教師は、クラスの児童生徒ともっと「まめに」コンタクトをとること。1クラス40人もいないのだから、毎日のように電話したって良い。勉強のこと、生活のこといろいろ相談に乗って欲しい。今、学校から、担任からのコンタクトはほとんどない。早急に改善すること。
  • 例えば、YouTubeを活用して、オンライン授業できないか。各学校、学年一斉の配信で良い。ちゃんと、1時間目からやれば、子どもたちの生活習慣の改善にもなる。各教員(担任)は、子どもたちがちゃんと視聴しているかも含めてケアをすること。勉強に遅れた子どもたちには、教科担当の教員を中心にサポートすること。授業をオンラインで行う教員は、特に教える技術の高い教員を教育委員会で選定して行い、他の教員はそれを見ることで教え方の研修にもなる。各担任、教科担当教員は、個別の児童生徒のサポートに力を尽すこと。
  • 特に中学校3年生は、高校受験を控えている。他市の中学生と「教育格差」が生じないように十分な対策を行うこと。
  • 政府からのマスクを不要の人が寄附できるようなボックスなどを設置すること。
  • コロナ関係の寄附窓口を一本化して、用途を決めて行う寄附、特に用途を決めずに行える寄附など、幅広く募集すること。
  • 市役所職員に対して、昼食などは市内飲食店のテイクアウトを利用するように奨励すること。
  • 市役所職員に対して、市内での消費を奨励し、市内商業の応援を促すこと。
  • 休業要請に応じていただいているお店に「不公平感」をもたせないために、隠れて営業していて協力金を受給するところがないように十分配慮すること。後で発覚した場合は、何らかの罰則を設けること。
  • コミュニティバスは暫く運行を休止すること。
  • コロナ対策のために、抜本的な、ないしは大規模な補正予算を組み直すこと。
  • 現時点で、すでに中止になったイベントなど執行できなかった事業や、本年度予算に見積もられてはいるものの、中止が確定的、また中止の可能性の高い事業にどれくらい執行できない予算があるかを早急に調べて、それらの「浮いた予算」を有効に活用できる施策を検討すること。
  • 新型コロナウィルス感染者の情報をより詳細に出すこと。年齢、家族構成、現在の状況(入院中、自宅療養中など)など。横浜市はやっている。近隣市と統一的にやるべき。また、市の北部、中部、南部程度の分類での人数公開も必要。
  • 新型コロナウイルスに感染した方、そのご家族、関係者が差別されたり、中傷されたりすることがないように市として万全を期すること。
  • 鎌倉市にのような家賃支援を早急に行うこと。

★ 議長へ。

6月定例会では、必ず「一般質問」を実施すること。

No.203 今週も新型コロナウイルスに関する要望を市行政側に提出いたしました。

毎週木曜日の正午を締め切りに、市側に対して新型コロナウイルス関係の要望を提出できることになっています。本来であれば直接要望したいところですが、緊急事態であり、市行政側も慌ただしく執務しているということに、議会としても一定の配慮を示してこのような取り決めになっています。これまでも多くの要望を行ってきました。議員からの要望は市民からの要望と、重く受け止めてできるだけ実現できるように、最大限の努力をしていただきたいと思います。今週の私からの要望事項は以下のとおりです。

〇 新型コロナウイルスに対する要望

  •  市立病院に関して。医師・看護師・医療従事者等に特別手当を支給すること。
  • スタッフ・清掃など、病院で働く全職員の感染症対策を強化すること。
  • 消毒・清掃などは、実績のある事業者に依頼して、市民の安全・安心を確保すること。
  • 市立病院のロビーにも市役所ロビーと同じように、受付のビニールカーテン、次亜塩素酸水の噴霧器の設置すること。
  • 市立病院が安心に市民に利用してもらえるように信頼の回復に尽力すること(市立病院に行きたくないと言っている市民もいる)。
  • 感染症蔓延下における避難所運営体制を早急に構築すること。
  • 市民に対して、どのような時にどこに避難するべきか、避難が必要な場合、そうでない場合を周知徹底すること。今、地震や風水害が発生した場合、多くの人が避難所に殺到する。それを「想定して」対策をしなければならない。
  • 再開が遅れている新学期だか、早急にオンライン授業の実施を検討実施すること。すでに実施している自治体に比べて、本市児童生徒の学力の遅れが心配される。
  • 夏休みも含めて、今年度の補習体制を早急に構築すること。
  • 子どもの精神的なケアのために、効果的なカウンリングの方法を検討して実施すること。
  • 子どもの体力面でのケアも必要。実際、公園等で遊んでいる子どもは多い。場合によっては「3密」になっている。具体的で実際的な対策を至急実行して欲しい。
  • 令和2年度補正予算案を早急に議会に提案して欲しい。今年度、どうしても必要である事業以外は、休止してでも、コロナ対策に重点を置いた補正を組んで欲しい。
  • 緊急事態宣言の休業要請に従わない店舗(パチンコ店など)に、休業要請に協力して欲しいと、市から積極的に働きかけること。
  • コロナハラスメントに対する対策を強化すること。
  • コロナ禍の中で、経済的な理由などから自殺する人の増加が懸念される。自殺防止のための相談窓口の強化すること。
  • 泉の森、引地台公園、ゆとりの森等でのバーベキューの禁止。テントを張ったりして長期滞在することを禁止すること。湘南海岸等で行われていることを参考にする。
  • 県内自治体が続々と独自の経済対策をしている。給付金、協力金、家賃補助、経営支援金など、国や県の制度で足りないものや無いものを市独自で市民や事業所に支給すること(早急に!!)。
  • 市長には、連休前に連休中の自粛について、「一丸となって、コロナに負けないように頑張ろう」というような「声明」を出して欲しい。

〇新型コロナウイルス感染症対策についての要望書

新型コロナ対策について、今回は市内の保育園と放課後児童クラブについて意見を申し上げます。
横浜市では、認可保育園において新型コロナウイルス感染者が出た当日に、市の担当者が保護者に対してそのことを伝えないようにと指示していたということで、大変問題になりました。まさかとは思いますが、市内の保育施設において同様のことが行われていたりしないでしょうか。早急に調査と議会への報告を求めます。
保護者の方々がまず心配しているのは、自分の子どもを預けている園に、新型コロナウィルスに感染した人がいないかということです。正確な情報をお知らせした上で、万一、新型コロナウイルスに感染した人(児童であれ、保護者であれ、園の職員であれ)が出た場合は、速やかに関係者全員のPCR検査を行い、感染の拡大が起こらないようにしていただきたい。私は、基本的に保育園、そして放課後児童クラブは原則閉所にしていただき、医療従事者などどうしても必要のある方のみ「例外」としてお預かりすると言う形にしていただきたいと強く要請いたします。もちろん医療従事者等以外でも、さまざまな事情によりどうしてもお子さんを預ける必要のある方もいらっしゃると思います。そのような場合は、その旨を書面で申し出て、許可を得るようにすれば良いと思います。このあたりは、柔軟な対応も必要かとは思いますが、「原則」として保育園は休園、放課後児童クラブは閉所というのが望ましいと思います。
そういった措置を取ったとしても、万一保育園・放課後児童クラブから感染者が出てしまった場合、当該保育園、児童クラブは完全に閉鎖しないわけにはいかないと思います。そうなった場合、その代替となる受け皿として、近隣の保育園や児童クラブとの連携・協力体制を構築していなければなりません。そういった非常事態に備えて、早急に体制の構築を要望いたします。緊急事態が宣言されている現在、大和市政においては行政・議会が一丸となってこの事態を乗り越えていかなければなりません。私たち議員は、直接的に多くの市民の「声」を聞く立場にあります。是非、議会と行政が一体となった対策本部のようなものを立ち上げていただきたく要望いたします。
今回は、幼稚園については言及いたしませんでしたが、おそらく同様の問題があると思います。関係者の意見を聴取しながら迅速な対応をお願いします。
新型コロナウイルスの対策は、本市にとっても市制施行以来最大の困難といっても過言ではないと思います。市長をはじめ行政職員の皆様方の尽力には心より感謝しています。一日も早くこの困難を乗り越え、皆が普通の生活に戻れますように祈念しています。どうぞよろしくお願いします。

No.202 「新型コロナウイルスに関して、市行政に要望いたしました。」

〇新型コロナウイルスに関して、市行政に要望いたしました。

 新型コロナウイルスに関して、各会派から「要望書」提出しましたが、残念ながら未だ収束の気配がみえません。大和市議会としては、日々刻々と状況が変わる中、議員個人がそれぞれ担当部署に対して要請をすると、行政執行が混乱することを危惧し、4/2から毎週木曜日の正午までに文書の形で議長宛に要望を提出し、その要望を毎週金曜日に議長から市行政に提出してもらうこととなりました。以下は、これまで私が要望した内容です。

新型コロナウイルス対応についての要望(4/16)

  • 保育行政・小中学校と医師会の連携を強化。子どもたちの検査を優先すべき。子どもの場合、症状が出ない、もしくはただの風邪のような症状で、実はコロナに感染している場合がある。
  • 基本的には、保育園・児童クラブは原則閉所して、どうしても必要な子どもだけ預かるようにすべき。本当に必要な保護者は、理由を書いて市役所(保育課・こども青少年課)に提出し、行政が判断するようにする(医療職など一定の業種は申請免除でお預かりする)。
  • 市役所のカウンターにビニールカーテンを設置すること。
  • 市立病院、市役所の入口で体温チェックすること。
  • 市立病院、市役所ロビー来院者、来庁者の手に直接消毒液をスプレーすること。
  • 市立病院。診察の待ち時間の感染を防ぐため、順番が近づいたら、メールや電話で患者に伝える。民間の病院では普通に実施しているから、できないはずはない。
  • 上の3点は、感染防止のほか、意識の向上にも役に立つと思う。
  • 市内保育施設に、エタノールの優先購入の案内がきているが、コロナウイルス対策として、補助金対象として欲しい(現在、自費購入)。
  • 市立病院の院内感染防止策の徹底。ロビーを中心に全く危機感が見られない。
  • 感染拡大に備えて、「医療用陰圧テント」の確保を行って欲しい。設置場所は、引地台公園、ゆとりの森、スポーツセンターなと。
  • 感染拡大に備えて、各学校体育館、スポーツセンター、ポラリス、シリウス等の医療施設としての利用を検討して欲しい。
  • コロナDV、コロナ離婚対策・相談の充実をはかること。
  • コロナ相談窓口電話の増設すること。電話がつながらない。
  • 高齢施設から病院に搬送された親を見舞うこともできず、病状も教えられないという。家族のフォローやカウンセリングが必要。そういった、相談コーナーの創設。
  • コロナ詐欺の対策強化。
  • 次亜塩素酸水の新型コロナウィルスへの効果が未確認との政府見解を受けて不安の声がある。次亜塩素酸水に頼りすぎて、「石けんで手洗い」という基本をないがしろにしないように啓発すること。
  • 市内の感染者情報について、可能な限り公表して欲しい。
  • 治安が悪化してきている。市の車で「コロナ詐欺」の警戒などを広報しながら巡回して欲しい。
  • 特に大和駅周辺は、治安の悪化が心配。警察とも連携しながら、パトロールなど強化して欲しい。
  • 横浜市や相模原市のように教育委員会が独自の家庭学習を支援する「動画」を作り、学校再開後に円滑に授業を進められるように工夫して欲しい。
  • ネット環境のない児童生徒のためにオンライン授業に備えて、タブレット等の貸与を行うこと。
  • ネット授業だと、仕事のある家族がその時間家に居ないといけなくなるので、「3密」を避けながら、特段の事情のある家庭にも配慮して欲しい。
  • 教科書の早急な配布を行って下さい(至急! !)。
  • 休校中の授業の補習をしっかりやって欲しい。
  • 次亜塩素酸水の配布については、「住民」に限らず、大和市自治基本条例に規定する「市民」にも配布して欲しい。

★「大和市おもいやりマスク着用条例」に関して(2点)

  • 大和市は「大和市おもいやりマスク着用条例」を制定した。マスクが品薄の現在、条例で「マスクを着用しよう」といっても肝心の「マスク」が無い。そこで、市がマスクを(ドラッグストアなどから)買い上げて、毎週、「市民一人に一枚」を身分証明書の提示とともに配布するようにして欲しい。
  • 相模原市の自治会(中央区上溝 田中自治会)では、自治会主催のイベントが中止になった予算を活用して、自治会員に「手作りマスクキット」を50セットづつ配布した。本市も自治連を通じて呼びかけられないか。
  • 家賃、テナント料の補助金、助成制度の創出(営業を自粛しても必要なお金はある)市独自の政策としてすること。
  • 当面の生活費、事業継続費として、市独の自制度を作って欲しい。とにかく、「現金給付」が必要。市民生活は待った無しの状況です。
  • 市は早急に新型コロナウイルスのような感染症の蔓延においても対応できるBCP(事業継続計画)を策定すべき。
  • 公園が子どもたちで密集状態。対策して欲しい。
  • 子どもや高齢者の運動不足解消のたるの具体的な施策を行って欲しい。
  • 「墨田区コロナ対策」のような分かりやすい資料を作って欲しい。
  • 神奈川県の「協力金」に上乗せして、市からの「協力金」を出し欲しい。
  • シリウスの予約など、中止、延期、変更など、キャンセル料も含めて、柔軟に対応して欲しい。特に、政府の自粛要請に応えて公演等を取りやめたり、延期したりした場合は、特段の配慮を願う。
  • 役所の対応全般について、非常事態であるから、従来の規定にこだわらずに可能な限り市民本意に柔軟に対応して欲しい。

新型コロナウィルス対応についての要望(4/9)

  • 市役所ロビーでの感染症対策。次亜塩素酸水を記載台の上や、各待ち合い場の椅子ごとに配置して、手指の消毒が出来やすい環境を作る。椅子や記載台を定期的に消毒する。感染症対策に一層万全を期して欲しい。
  • 新学期早々、学校が休校になっている。子どもたちの学力低下など、学習面での対策を万全にして欲しい。
  • 休校中こどもたちに対して、課題だけでなく、ツーウェイで学校とのコミュニケーションを確保するなどして、任せっぱなしにしないように配慮して欲しい。
  • 休校中の子どもたちのメンタル面での配慮を行って欲しい。
  • 次亜塩素酸水を南部のイコーザでも配布して欲しい。
  • 新年度の公共工事がどうなるか心配されています。こんな時だからこそ、地域経済活性化のためにも積極的に(前倒しで)公共工事を出して欲しい。
  • 市立病院で、コロナの陽性患者が出た。感染しないためにも、気をつけるためにも速やかな情報提供が欲しい。
  • 個人情報の問題、情報公開による「負の面」もわかりますが、予防のためにも可能な限りの情報提供をお願いします。
  • 市立病院の危機管理意識が低すぎる。入口に消毒液を置いているだけ。待合室にもっとたくさん置くべき。定期的に椅子や手の触れる場所の消毒を徹底して欲しい。待ち時間が長くなると感染のリスクが高くなる。時間がかかるようなら、外で待ってもらうようにするとか何らかの対応が必要だと思う。
  • 行政からの給付金の支給が悪用されないように、マイナンバーカードの活用も含め検討して欲しい。
  • コロナの流行に備えて、病床数の確保が必要。市内のホテルへの要請をして欲しい。また、ゆとりの森や引地台公園などに医療テントを設置すること、学校の体育館、スポーツセンターなどの利用を検討して欲しい。
  • 市内事業者に対して、テナント料の補助などを早急に実施して欲しい。また、国の施策とは別に市内事業者に対して支援金を交付して欲しい。
  • 児童クラブの職員が疲労困憊など対策を。
  • 指導クラブに子どもを預ける親御さんに注意喚起して欲しい。家族に具合の悪い方がいても平気で預けたり、祖父母がいても預けたりしている。クラブがクラスターにならないように。現実問題として「3密」になっている。
  • 保育園の入所決定があって、その後会社が休業等になっても、決定をそのままにして欲しい。それを制度として確立して欲しい。
  • 保育園に関して。90日の求職期間を経過しても、その後の決定についても柔軟な対応をして欲しい(現在でもできるはず 自民党見解)。

新型コロナウィルス対応についての要望(4/2)

  • 市役所1 階ロビーはこの時期大変込み合っている。感染症予防のために現在は消毒液を置いて手や指の消毒を励行し、職員もマスクの着用や手洗い等をしていただいているといことだが、混雑時は濃厚接触の可能性が高い、待ち合いの椅子の間をあけるとか、さらなる対策が必要ではないか。来庁者からも不安が訴えられている。

〇会派「自由民主党」を結成しました。
今年度、大和市議会の自由民主党公認議員全員(7人)党籍のある議員2人の合計9人で、会派「自由民主党」を結成しました。今後一層、国・県とも連携しながら、市民のための市政実現のために尽力してまいります。会派「自由民主党」は引き続き、市議会最大会派として議会政治をリードしてまいります。